復縁屋を利用するメリットとデメリット

離婚を円滑に進めたい、または慰謝料を多く取りたいので相手が不貞行為をしてくれると助かる、または以前に付き合っていた方を忘れることができず、復縁をしたいのだがすでに他のパートナーがいる…そんなときに利用してほしいのが復縁屋です。

探偵事業や、恋愛心理に長けた方が承ってくれるので、自分でアプローチするよりも効率的です。その復縁屋のメリットだけではなく、デメリットについても紹介していきます。これから依頼をかける方は要チェックです。

復縁屋とは?

復縁屋とは、ターゲットに知られずに第三者を介し、依頼者のおもう形に誘導していくサービスです。名称だけを見ると復縁のみだとおもいますが、ターゲットに別の異性と交際させるように仕向けて離婚裁判を円滑にする、すでに交際や家庭があるターゲットを略奪しやすくするといったものがメインです。

また企業によっては相談プランを設けているので、現状を話した上でどのように動くと効果的なのかを助言してくれることもあります。基本的には申込みを行い、見積もり、打ち合わせの上で本契約となります。契約を結んだ時点で費用の半分を支払いすることが多く、あとの半分は成就したときに支払いをします。よって依頼者の望む形にならない場合は、返金に応じてくれることもあります。

復縁屋のメリット

このサービスを利用するメリットといえば、なんといっても自分でシナリオを作るよりも成就率が高くなることです。素人が復縁屋の真似事をすると、ターゲットに知られてしまう可能性がありますし、時間や手間もかかってしまうので効率的ではありません。またターゲットに知られてしまうと、復縁どころか一切の接触を断たれてしまうことも考えられます。

冒頭で申したように恋愛心理に長けた担当者や、探偵業を承っている企業もあるので、リサーチ能力に優れていますしターゲットにバレることもありません。また自分のおもうような形にならなくとも、自然な出会いや復縁パターンを知ることで次回に活かすことができるのもメリットの一つだといえます。

復縁屋のデメリット

どんな良いサービスでも、メリットがあればデメリットも存在します。復縁屋に関してのデメリットは大きく分けて2つあります。1つ目は金銭的な負担です。ターゲットの行動パターンや心理を確認しながらシナリオを練っていくのですが、人の心というのはとても難しく些細なことで復縁が出来ないこともあります。

仮に成就しなかったとしても、支払いは必須ですし全額とはいかなくても、ある程度の負担は覚悟しておくべきです。ちなみに復縁屋へ依頼した際に必要な費用は50~200万円ほどです。企業によっては返金に応じてくれないこともあるので、事前確認する必要があります。そしてもう一つのデメリットですが、成就したあと、ターゲットとの交際が作られたきっかけであることを隠し通さなければならないことです。

まとめ

ターゲットの人間関係を自分の思うようにしてくれる復縁屋は、とてもデリケートなサービスです。それ故に質の悪い業者がいたり、サービス自体に穴があったりしますので、ネットから簡単に依頼ができるとはいえ、慎重になるべきだといえます。しっかりとした企業を選択すれば、ターゲットと復縁できる可能性がアップしますし、アナタの思う人間関係が構築できるかもしれません。ある程度の費用は発生しますが、どうしてもという場合には依頼してみてください。

この記事をシェアする