別れさせ屋の常とう手段であるハニートラップとは?

恋人との別れはつらいものですよね。
たとえ、自分から別れを切りだした場合でも、自分が悪かったのかと自省し、どうすれば続けられたのだろうと苦悩し、そして、もっと自分が優しくなればと後悔し、いやいや、別れてよかったのだと納得させる、そんな日々だと思います。
ましてや、別れを言い渡された時の自省と苦悩と後悔は、ダメージが大きいでしょう。もちろん、納得なんてできるはずがありません。

なんとか、もう1度、やり直せないのか、そんなことばかり考えてしまうのではないでしょうか。
そんな壊れた中を修復する、プロが世の中にはいます。

元々のハニートラップの意味

別れたあの人と、どうしてももう1度やり直したいと思って、あがいたことはありますか?

自力でやりなおしたい相手とよりを戻そうとしても、うまくいかないケースが大半です。
それはどうしても感情的になりすぎてしまうからです。

自分の下心をさらけ出して、近付いても、相手はなびかないばかりか、むしろ、もっとこちらに悪感情を抱いてしまいます。
感情的に行動すると、相手がどう思っているのか、どうしてほしいのかを考えずに、どうしても自分本位なことをしてしまいがちです。
これではとても、相手の気持ちはこちらに戻ってこないですし、願いなど叶いっこありません。
相手は、ずっと固く心の扉を閉ざしてしまうでしょう。

そうして相手に心を閉ざされた場合、あなたはそれで諦めてしまうでしょうか。
諦めたら、それでおしまいです。
しかし、逆にそれをこじ開けようと躍起になったら、今度は相手に恐怖を覚えさせてしまいます。
もしかして、あなたがストーカーになってしまうのではないか、とむだに恐れを抱かせてしまうでしょう。
いえ、その時点ですでにあなたはストーカーとして認定されてしまうおそれもあります。

このように、あなた自身で切れてしまった縁をどうにかしようとしても、うまくいかないのは、冷静に相手と話をしようとしても、恋愛感情が絡んでいてできないからです。

ただし、十中八九うまくいかないですが、そうでない場合もあります。
それは別れてからもう何年も経っている場合です。かつての情念にも似た感情は消えて、お互いが冷静に話ができるからです。
時はすべてを押し流してしまうのですね。

別れさせ屋が行うハニートラップの手法

復縁をしようとする前にいくつか知っておくべきことがあります。

まず1つ目に、恋愛の場合は最悪でも無感情、関心のないところから始まります。
しかし、別れる場合は、相手のことが嫌いになってからのケースが少なくありません。
ですから、恋愛の時と同じように相手を口説いたり、情に訴えたりしてもどうにもなりません。

そもそも相手は、一時でもあなたの1番そばにいた人間です。あなたのやり口を知り抜いています。「またそんなことして…」と呆れられるだけです。

2つ目に別れた原因は、全部、自分にあると認めることです。
たとえ、第三者の目から見て、相手が100%有責でも、復縁したいなら、あなたが悪かったということにしなければなりません。
相手の性格が原因で別れたのだとしても、それを理解してあげられなかったあなたが悪いということ。
相手の浮気が別れの原因だったとしても、それはあなたが相手に寂しい想いをさせてしまったから悪いということ。

どうでしょう。納得いかないでしょうか。理不尽ですよね。
そうまでして、復縁しなければいけない相手なのでしょうか。

でも、忘れてはいけません。復縁を望んでいるのはあなただということを。
こればかりは惚れてしまったほうの負けです。どうしても、相手とやり直したいのであれば、理不尽だろうとそれを受け入れなければなりません。

過去の話を蒸し返されて、やっぱりそっちが悪かったんだという話になったら、間違いなくケンカになります。
ケンカになってしまったら、もはや復縁も何もあったものではありません。

3つ目に、決して相手に未練がましい態度や執着心を見せてはいけません。
自分が嫌いになった相手が、自分に好意を寄せていると知ったら、相手は余計に反発するでしょう。
自分が逆の立場だったらどうか、考えるといいかもしれません。

もし、未練たらしく恋人気分で、甘えたような声で名前を呼んだりしたら、調子に乗るなと思ってしまうでしょう。

ちなみにハニートラップに引っかからない方法は?

とにかく、人の心はデリケートです。ちょっとした言葉で簡単に傷つき、かたくなになります。

感情的に不用意な言葉で、相手との距離をさらに遠ざけてしまう前に、プロに復縁を依頼したほうが手っ取り早いでしょう。
彼らは人の心を操るプロです。多くの現場を経験し、仕事を成功させています。
中には失敗もあるかもしれませんが、そのような失敗からも、してはいけないことを学んでいます。

経験の蓄積が、あなたと相手の関係を良き方向へと導いてくれるのです。

プロというのは、主に探偵業を生業としている人たちで、復縁工作をする際にもそうした探偵業で積み上げたノウハウを上手に使って、ターゲットに接近します。
ごく自然に、偶然を装ってターゲットと知り合いになるのです。

例えば、ターゲットの務めるバイト先に入り込んだり、そこのなじみの客になったり、相手の状況に応じた接触方法で、近付くのです。

最初は社交辞令的な会話で、少しずつ相手との距離を縮めていき、最終的にはなんでも話せるような友達になってしまいます。
そうして、別れた恋人のこと、つまり依頼人とのことを聞き出すのです。
あなたの恋人はもしかして、あなたに本当の別れた理由を言っていないかもしれません。
自分の浮気が原因だと思っていたら、実はもっと違うところ、もともとの性格的なところに原因があったかもしれない。そんな時、あなたがもう浮気をしないと一生懸命、言い張ったとしても到底、関係を修復できませんよね。

復縁のプロがすっかり友人になったところで、そうした本当のところを引っ張り出します。
原因がわかったところで、第三者視点でターゲットの依頼人に対するマイナス感情を少しずつ解いていくのです。

あくまでもこれは一例です。それぞれターゲットや依頼人、それぞれの事情に合った接触をして、臨機応変に工作していくのがプロです。
あなたが直接ぶつかっていくよりも確実に、相手との関係を修復してくれるでしょう。

まとめ

1つ忘れていけないことがあります。
それはプロに依頼したからと言って、必ずうまくいくとは限らないということです。
あなたと相手の関係がもうどうしようもないぐらいに破綻している場合はどうにもならないということもあります。
しかし、どんな場合でも、仕事を成功させるために、プロは全力を尽くすでしょう。
残念な結果になっても落ち込まないことです。気を取り直して、次の恋に生きてください。
出会える異性の数は世界中に「35億人」いるのですから。

この記事をシェアする