別れさせ屋でできること、まとめてみました

男女の仲はカップルの数だけあります。そして、そこにはそれを取り巻くいろんな人間模様があります。しかし、必ずしもそのふたりの幸福を、すべての人が応援してくれているというわけではありません。まわりの人に歓迎されざる関係というのも、存在します。そのようなシーンで活躍する、男女の仲を裂いてくれる別れさせ屋ですが、人間模様の形に応じて、様々な仕事を請け負っています。

そこで別れさせ屋に依頼できる仕事にはどんなものがあるか、簡単にまとめてみました。

恋人を浮気相手からどうしても取り戻したい

恋人が浮気をしているから、その浮気相手と別れさせてほしい。そんな依頼が、別れさせ屋のお仕事の中でも、最もスタンダードなもの。最近、メールをしても返事がなく、電話をしても応答がない。以前はオープンだった彼氏の行動予定がまったく掴めなくなった。なんとなく態度がつれない、いつもしていたはずのペアの指輪をしてくれていない、一緒にいる時に鳴ってる電話をとらない。メールの着信を見ない。何より決定的なのは、見知らぬ女性と歩いていたのを見たとの、第三者からの目撃報告。浮気の状況が決定的に「黒」だと判明していれば、話はそう難しくはありません。ですが、1番厄介なのは、まだ疑惑の段階でとどまっている場合です。

そんな、ささいなことから大きなものまで、浮気?と疑いたくなるようなことに遭遇した時点で、別れさせ屋は依頼したあなたのために動いてくれます。依頼人がただただ疑心暗鬼に駆られているだけで、実際はそんな事実無根という場合、別れさせるも何もありません。そうした疑惑がかえって、依頼人と恋人の関係をこじらせる原因にもなりかねません。なので、まず別れさせ屋は、彼氏に知られないようにひそかに調査から始めます。

本当に彼氏が浮気をしているのかどうか。しているのであれば、相手はどこの誰なのか。尾行したり、聞き込みをしてみて、確実な証拠が掴めてようやく、そのふたりを別れさせるために、動くことができるのです。ただし、あなたより浮気相手のほうが先に動き出し、彼氏とあなたの仲を裂こうと別れさせ屋を使ってくるなんてこともあり得ます。そうなった場合でも、泥沼にならず円満に解決を図るために、別れさせ屋は動いてくれるでしょう。

子供を付き合っている恋人と別れさせたい

結婚は当人同士の問題だけでなく、家と家の問題だと言う人がいます。事実、結婚相手が天涯孤独でもない限りは、相手の一族との付き合いが増えることも確かです。特に血統を重んじる古い家系ならば、結婚相手の出自を重視していてもおかしくはありません。とは言え、古い考え方なので、若い時分はそう気にすることもなく、皆、自由に恋愛を謳歌するものですね。

ですが、そんな時、黙っていないのは両親や祖父母、あるいは一族の長老的な人々でしょうか。家格のつり合いが取れない、性格的に問題があるので一族の問題児になる可能性があるかもしれない……。何であれ、つきあってる異性が、一族の跡取り息子に、娘にふさわしくない相手だと判断した時、身内がふたりを引き離すため、別れさせ屋に依頼するのです。

そんな大げさな話でもなくても、例えば息子や娘の結婚が決まりそうな時、交際相手に大きな問題がないかどうかを調査する親御さんもいます。そして、何かしら今後の憂いになるような瑕疵がある場合は、調査から引き続き、ふたりを別れさせるように依頼するのです。

こうした別れさせ屋による、親の干渉は結婚した後も続くことがあると言います。突然、次々と降りかかるアクシデント。そんな時に近付いてくる男性、うっかり気を許して、一緒にホテルに食事へ行っただけで、写真を撮影されて夫のもとに届けられ、否定はすれど、次々と事実関係が明るみに出る。やましいところはないのに、既成事実だけが積みあがっていく……。

どうやら、裏に別れさせ屋がかかわっていたらしいことがおぼろげにわかり、そしてその依頼人が、実はいつも自分たち夫婦をニコニコと、何も文句を言わず見守ってくれている義理の両親だったなんて話を聞いたことがあります。

どうやら、色々と自分たちの結婚生活に思うところがあったようですが、別れた今となっては連絡手段もなく、理由はわからずじまい……。そんな切ないこともあるようです。

なかなか別れてくれない恋人と別れたい

恋人への想いが冷めてしまった。すべての所作が鼻につき、一緒にいるのもイヤ。もう別れたいと告げているけれど、未だ相手は自分に強い愛情を感じていて、首を縦に振ってくれない。結婚とは違い、恋人同士の付き合いなんて儚いもの。別れたと宣言してしまえば、それで終わってしまう関係のはずです。

しかし、だからこそ厄介なもの。あなたがもう別れたと思っていても、相手がそう思っていなければ、相手の周囲の人たちからも関係は解消されていないと認識されるのが現実です。対応を間違えれば、あなたが悪役にされることも。さらに相手はストーカーしてしまい、しつこくあなたにつきまとうこともあるかもしれません。

恋人との別れなんてよくあることです。そのたびにいちいち別れさせ屋を雇うなんて面倒です。できれば、自力で解決できるならそれに越したことはないでしょう。ですが、別れようとあの手この手を試したけれど、万策尽きた、でも続ける気もないし……という方は1度、別れさせ屋に相談してみてはいかがでしょうか。

実際、突然の別れに冷静さを失っている人もいます。目の前に愛する相手がいるからこそ、頭にかっと血が上るのです。そんな相手に思いがけない言葉を投げつけられて、我を失ってしまうのです。そんなあなたのいない場所で、第三者に説得を受けたら、相手も冷静に考えてくれるかもしれません。その仕事を別れさせ屋に任せましょう。もちろん、あなたから依頼を受けた人間という形ではなく、あくまでも通りすがりの第三者として、ターゲットと出会い、信頼を得たうえで恋のアドバイスとして、そんな恋人とは別れたほうがいいと進言してくれるのです。それでうまくいかなければ、次の方法、あなたの恋人に別の異性を好きになってもらうのです。もちろん、相手はハニートラップをかける工作員です。
ターゲットは、恋人に別れを告げられている不安定な状態。そんな時に好意を持つ、ちょっと見目のいい相手が現れたら、気持ちが傾くのは当然のことでしょう。

ただ、中には恋人が他の異性によろめく様子を見て、嫉妬を抱いて、気持ちが戻る依頼人もいると言います。
ですが、1度失ったものを取り返すのは、そう簡単なことではありません。そのことに注意しましょう。

まとめ

そんなわけで別れさせ屋に依頼できるお仕事をまとめてみました。はっきり言って、通常の恋人同士で別れさせ屋を使うというケースは、それほど多くはありません。日常生活の中で、そうした特殊な稼業の人とは、あまりお知り合いになりたくない人もいることでしょう。異性に浮気されたら、きっぱりフッて別れようという人も多いです。浮気をしているのに、別れさせ屋を使ってまで、すがりつかないといけないような相手が、世の中にいるようにも思いません。

料金も決して安くはありません。それならば、新たなる出会いを探したほうが得策です。しかし、どうしても…という魅力あふれる相手もいることでしょう。そんな時の別れさせ屋ですが、ご利用は計画的に、というところでしょうか。

この記事をシェアする