別れさせ屋の工作が失敗するパターンとは

浮気調査や身辺調査、簡単なボディガードのような仕事も引き受けるのが、現代の探偵事務所。
金田一耕助やシャーロック・ホームズのように殺人事件に巻き込まれて、警察の捜査に協力するようなことはめったにないでしょう。
そんな探偵業を営む人たちは、別れた恋人と復縁し、もう1度、やり直したいという時にも力になってくれます。
多くの人々の裏側を見て、その行動パターンや心理を知り尽くしてきた、人間観察のプロだからこその手腕がそこでいかんなく発揮されるのです。

依頼者の金銭・時間が理由

探偵事務所は「調査」の他にも「工作」を行っています。
「工作」とは、ある目的のために、さまざまに計画を張り巡らして動くことです。

例えば「離婚工作」と呼ばれるものもそのひとつです。
離婚において、できれば有利に進めたいのは、慰謝料や財産分与をいかに多くかという点です。
相手が浮気をしたとか、暴力を振るったなどの事実があれば、有責で相手から多額の慰謝料を取ることができますが、そうでないなら離婚協議で慰謝料の有無や財産分与の割り当てが決まってきます。
少しでも相手の非を調査して暴き出し、そして、それを材料に離婚協議の場を有利に進めるのです。

お目当ての相手と話すきっかけが欲しい、という時などに行うのは「出会い工作」です。
例えば、毎日通うコンビニにかわいい店員がいるけれど、声がかけられないなんて時に、その店員さんとお近付きになり、話ができるように工作してくれるのです。あわよくば、その片想い成就の手助けもしてくれるでしょう。

「別れさせ工作」は別れさせたい、あるいは別れたいという時にお願いする工作です。
例えば、不倫している相手とその奥さんを別れさせたり、愛人と旦那を別れさせたり、あるいは、DV夫と別れたいという奥さんなどからニーズがあります。

「確かめる工作」というのもあります。
汝、愛を疑うことなかれ。と言われても、やはり相手の気持ちをちゃんと確かめたいものです。さりげなくターゲットに近付いて、その本心を聞き出してくれるのです。

そして、「復縁工作」。
1度は別れた相手だけれども、よく考えたら、自分は納得してない。もう1度、やり直したい。
そんな時に相手とお知り合いになって、親しくなり、その気持ちを変えてくれるのです。

このように彼らは人間関係を見るプロです。人間を知り尽くしているからこそ、このような工作ができるのです。

しかし、こうした「工作」を強引かつ違法的に進める悪質な業者も時にはいます。失敗した場合、あなたも共犯者になりかねません。
信頼できる探偵かどうか、評判などを確かめてから依頼したほうがよさそうです。

依頼者の行動が変化する

そんな復縁工作、気になるのは利用にかかる費用でしょう。
それは仕事の難易度によって変わってきます。料金体系は業者によって変わってきますが、20万から30万円、高い場合で100万円を超える時もあります。
この料金には、大抵、交通費やその他実費が含まれています。そして、うまく復縁できた時には、さらに成功報酬を支払います。

例えば、お互い嫌いで別れたわけではないけれど、なんとなく疎遠になって…というちょっとしたすれ違いが別れの原因の場合、意外とあっさりとよりを戻せたりする場合があります。

しかし、大抵はそう簡単ではありません。ターゲットの現状を調査して、その状況に応じてどのような形でアプローチしていくか検討します。

場合によってはたくさんスタッフを割かなければ、工作が上手くいかない場合もあります。そういう場合はかかる人件費に合わせて料金がはね上がります。
復縁しようとした相手にすでに恋人がいる場合なども考えられます。
そういう時は同時に別れさせ工作も行わなければならず、その分、必要な費用も高額になります。
そのため、見積り等でしっかりと金額を確認しておきましょう。

その期間は短くても2か月から3か月、長いと半年に及ぶこともあります。すべてはあなたがターゲットについて、どれだけくわしい情報を提供できるかにかかっています。
大切な情報が工作のカギになるのです。話したくないからと、隠したり、ましてや嘘をついたりなんてしてはいけません。

また調査の結果、どうしても遂行が困難と思われた事案に対しては、業者のほうから断られることもあります。
あなたの行動が原因で別れに至った場合など、どうやっても相手の気持ちを変えられなさそうなケースがこれに該当します。
他にはターゲットが失踪して行方がわからなくなっている時も引き受けてはもらえません。人探しは完全に別の依頼だからです。

まれに別れさせ屋が工作を失敗する

復縁をしたいと望むなら、自分から相手にアプローチするのではなく、第三者にお願いしたほうがよいでしょう。
そして、もっと言うなら人の気持ちを知り尽くしたプロである探偵に依頼したほうがよいと思います。

では、どうして探偵に、第三者に依頼したほうがいいのでしょうか。

それはあなた自身がしつこく相手のまわりについてまわり、復縁を迫れば、ストーカー行為と区別がつかなくなるからです。
実際、そういうケースで逮捕され、相手と接見禁止になった例もニュースでは報じられています。
そんな時、探偵に頼めば、相手にそれと気付かせずにうまく復縁してくれること間違いなしです。

1度、切れてしまった恋人との関係はそう簡単には戻せません。
あなたが直接、復縁を迫る時、決して冷静ではいられないでしょう。感情的になったところで、相手があなたに惚れ直すでしょうか。
冷静さを失った姿というのは、大抵はみっともないものです。相手もまたそんなあなたを見て、さらに失望し、あなたと別れてよかったと認識することでしょう。

そうやって相手が心の扉を閉ざしてしまったら、無理にでもこじ開けようとする人もいるでしょう。
そうなるとそこから大きな事件に発展する危険性もあるわけです。
かっとなって暴力を振るってしまえば、刑事事件です。いわゆる「痴情のもつれ」というヤツです。

探偵は、あらゆる工作事のプロです。人の心を掌握するやり方、思った方向へと誘導するやり方などをしっかりと心得ています。
職業上、いろんな人間と接触しているので、どんな人を相手にするのも慣れています。
そんな業務であらゆるノウハウを培ったプロに任せれば、高い確率であなたの願いが叶うことでしょう。

まとめ

別れた恋人とよりを戻したいという時は、ひとりで無理に、相手に接触しないほうがいいでしょう。
別れの原因を取り除いたからと言って、それが本当に別れの原因かどうかはわかりません。
彼女が本当の理由を隠している可能性もあるからです。

もし、そうならば、恋人の嘘の理由を取り繕うためにあがいても、意味のない結果になってしまいます。

復縁は専門家にお任せしておけばいいとして、あなたが考えないといけないのは、別れの本当の理由を知り、あなた自身が変わり、今度こそ、関係を維持し続けるように努力することかもしれません。

この記事をシェアする