別れさせ屋と探偵の違いは

別れさせ屋とは何か、探偵とは何か、を考えてみました。両者とも全く違う職業とは言い切れないような関係ですが、依頼したい調査内容によっては全く違う物になりますので、しっかりと理解したうえで利用してみましょう。決してどちらが良いということはありませんので、自分の悩みに合わせて選択してください。混同されやすい両者の違いを理解することで、あなたの悩みを解決する第一歩となるかもしれません。

別れさせ屋とは

別れさせ屋の主な業務は、「別れさせ工作」です。浮気をしている配偶者、恋人、その他家族や友人など依頼者が望む誰かと誰か、若しくは自分と誰かを別れさせるための様々な工作を別れさせ工作と言います。別れさせるための調査や工作のために尾行や聞き込み、張り込みなどを行うのです。別れさせ工作に必要なターゲットやその周辺の人に接触して別れに導く技術など、別れさせ屋独自の技術に長けているのも大きな特徴です。また、別れさせ工作だけではなく、復縁工作や出会い工作など男女関係全般の工作も引き受けてくれる業者が一般的だと思います。このような調査や工作を行うためには他人の個人情報を調べなくてはいけません。そのために、「探偵業の届出」を公安委員会に提出します。この認可がないと様々な別れさせ工作を行うことができなくなってしまうのです。

探偵とは

探偵の業務のうちの約6割から7割ぐらいは男女関係のトラブルによる調査と言われています。その中でほとんどの割合を占めているのが浮気調査です。浮気調査は配偶者や恋人が浮気しているのではないかと疑う依頼者が浮気の証拠を掴むために探偵に調査を依頼することで、その調査のために尾行や聞き込み、張り込みなどが行われます。浮気調査以外にも身辺調査や人探し、時にはアリバイ作りのための電話代行など、幅広い範囲の依頼を受け付けています。探偵業に必要な届け出は別れさせ屋と同じように、「探偵業の届出」です。探偵事務所の所在地の管轄である警察署を通じて公安委員会に届出をします。探偵という仕事には様々な技術や、持っていると有利な資格などは多数ありますが、開業するための届出はこれだけです。

別れさせ屋と探偵の違い

別れさせ屋と探偵は、届け出なければいけないものも同じで、一見その違いがわからない方も多いのではないでしょうか。調査の内容も尾行、聞き込み、張り込みがメインですので、どちらも同じように感じてしまいます。ではどこが違うのか?一番決定的な違いは調査の目的です。依頼内容が違うので当然と言えば当然なのかもしれませんが、別れさせ屋は別れさせる目的で調査や工作を行います。一方、探偵のほうは依頼が浮気調査だった場合、ターゲットの浮気の証拠を掴む目的で調査を行うのです。また別れさせるためには工作が必須となりますが、探偵が工作をすることはほとんどありません。別れさせ屋はターゲットとその交際相手の調査を行い、それから別れさせるための工作もしなければならないので、一般的に費用も高くなってしまう傾向にあります。

まとめ

もともとは探偵事務所が別れさせ屋に近いことをオプション的に行っていたようですので、両者が混同されてしまうのは当たり前なのかもしれません。ただ、現在では業務内容が明確に違い、依頼する内容によっては依頼先を間違えると成功率は下がりますし、もしかしたら受け付けてもらえないこともあります。受け付けてもらえない場合は適切な依頼先を再検討すれば良いですが、成功率が下がってしまうのは時間もお金も無駄になってしまう可能性がありますので、できるだけ無駄を避けるようにしましょう。

この記事をシェアする