別れさせ屋は合法?安心して利用できるのか

テレビや雑誌などの報道で、別れさせ屋に対する違法業者のイメージを持っている人も少なからずいるかと思います。しかし、元々は探偵業務の一環でもある別れさせ工作は、公的に認められる業務であるのです。

きちんと契約書を交わし、法的に定められた範囲内で行う合法の業務であります。悪徳業者の存在でも悪いイメージが付いてしまっている別れさせ屋。その安全面について見ていきましょう。

手法が法に触れなければ合法

近年、別れさせ屋の存在が認知されるようになりましたが、その秘密裏に行う業務内容のために、様々なイメージを持たれてしまうことも多いのです。中でも別れさせ屋に悪いイメージを持っている方の多くは、業務内容がハニートラップのようなものであると思っているのではないでしょうか。

ターゲットに対し、異性の工作員を派遣し肉体関係を持つことで浮気や不倫の事実を作り、その現場を写真に撮る。それを突き付けることで相手と別れるように仕向ける、といった内容を想像している方がほとんどだと思います。しかし、この方法は公序良俗に反するため、法的にも違法となります。

相手を騙した上に肉体関係を持ち、尚且つ浮気や不倫の汚名を着せさせるのですから、当然倫理に反する行為であります。
また、探偵業務の一環でもあった別れさせ工作は探偵業法などで厳しく決められているため、このような不当な行為で別れさせている業者は、悪質な違法業者であると言えるでしょう。

信頼のある別れさせ屋はこのようなやり方は行わず、あくまでターゲット本人の意思で別れるように業務を行います。依頼者から相手の情報を法の範囲内で貰い、それを駆使し相手との接触を図ります。接触し、相手の興味や執着というものを別のものに移行させ、依頼者の希望する別れまで導くのが別れさせ屋の業務であるのです。秘密裏に行う業務で違法のように感じますが、法の範囲内で行うため合法となるのです。

契約する際も契約書を交わすことを法的に義務付けられているので、安心できる業者であると言えるでしょう。不当に報酬額を上乗せしたり、十分な業務を行っていないのにお金を払わされた、といった悪いイメージは違法業者によるものであることを知っておきましょう。

探偵業届けがきちんと出されているところは安心出来る

探偵業務の一環である別れさせ屋はその特殊な業務内容から、必ず公安委員会に探偵業届けを出す必要があります。
尾行や張り込み、身辺調査などの探偵業務は誰でも簡単にできるわけではありません。探偵業法に沿って手続きを行い、公的機関に認められなければ、それらの行為はただのストーカー行為、犯罪になってしまいます。

工作業務、別れへと導く業務自体は届出がなくともできるとされていますが、実際にこれらの調査活動なく別れを演出するのは難しいことであるのです。工作業務と探偵業務は必ずセットとなり、届出が必要不可欠であると覚えておきましょう。故に、別れさせ屋を営業するにあたって、探偵業届けを出していない業者は違法業者である可能性が非常に高いのです。

悪質な業者はこの届出を行っていないケースもあり、不当に金銭を得ようとするので、注意しましょう。近年、探偵業法も厳しくなりましたが、その分届けを出している業者への信頼は大きくなりました。届けが出ている業者は、定期的に警察の立ち入り調査が行われ、不正がないか書類などのチェックも入念にされます。届けを出していない業者はこの調査や審査を回避するために申告していないことが多く、悪徳業者である可能性が高いです。

悪徳業者と契約しないためには、こういった届出がきちんと行われている業者であるか、契約は法に定めれた書面でされていて説明がしっかりしているかなどチェックする必要があります。また、その業者が以前に違反行為をしていないかなども調べておくことも大切です。その業者に悪い噂はないか、以前に事件がなかったか、届出が行われていてもより安心して別れさせ屋を利用したい場合は入念にチェックしましょう。

別れさせ屋自体が違法なわけでは決してない

秘密裏に工作活動を行う故に、すべてが違法なのではないかと感じている方も多い別れさせ屋の業務。しかし、この工作自体が違法というわけではありません。別れるように気持ちを導いていく行為ですが、強制ではなく、あくまでも自身の意思で別れる決断を促すのが、正しい別れさせ工作なのです。

この行為自体は合法でありますが、肉体関係を持つような、公序良俗に反する方法は、別れさせ屋でなくとも違法です。探偵業法や消費者契約法など、様々な法律を守った上で成り立つ、立派な職業の一つであるのです。ただ、確かに合法でも人と人の関係を人為的に解消する行為に疑問を抱く人も多いことは事実です。夫婦の仲を引き裂いたり、愛し合っている2人を第三者が別れるように仕向けるのは、法的に良くても倫理的な問題が発生するのは確かです。

例え依頼者がそういった行為を望んでいたとしても、信頼の置ける業者は法や倫理に反していると判断した場合、依頼を断ることもあるのです。

依頼者からの情報だけでなく、ターゲット視点からの情報や周囲の情報を得て、本当に別れさせ工作を行って良いのか、徹底的に調べてから判断します。別れたくても別れられない状況など、家庭内暴力に悩んでいる方などの手助けにもなる別れさせ屋は、決して違法などではないということを理解しておきましょう。

男女間の問題は綺麗事では解決できないものだからこそ、第三者の力を借りて、円満に別れられるようにサポートするのです。
公的な機関に届出を行い、認められた上で行うこの業務は、近年さらに厳しくなりました。だからこそ、良質な業者は徹底した情報管理、守秘義務を全うして業務を行っています。

大きな事件の報道や間違ったイメージに左右されないように、しっかり理解することが大切です。

まとめ

報道や噂で、別れさせ屋を違法だと思い込む人も多いのが現状ですが、公的機関に届けを出した立派な職業であるということは覚えておきましょう。法を犯せばどのような職業も違法になり、その責任を負わなければならなくなります。この業者だけでなく、人の権利を侵害すれば、それは悪徳業者となります。別れさせ屋自体は違法ではないですが、そういった業者に引っかからないように、情報をしっかり確認して、自衛することも大切なのです。

この記事をシェアする