違法な別れさせ屋による被害

別れさせ屋を利用するときに注意しなくてならないのが、違法な業者ではないかという点です。

別れさせ工作には数か月の時間がかかり、また人手もかかるので、別れさせ屋への依頼料は高額になります。違法な業者に高い依頼料を支払わされただけ、というようなことにならないように、その被害について知っておきましょう。

違法な別れさせ屋とは

別れさせ屋という職業自体は、違法ではありません。違法な行為を行う業者がいるので、別れさせ屋というと違法なイメージが付くようになりました。通常、別れさせ屋は法律に違反しない方法で別れるように工作を行いますが、業者によっては違法な手段を用いる場合があります。

例えば、別れさせたい相手に対して脅迫などを行って別れるように強要することや、カメラや盗聴器を設置するために家に不法侵入するなどの法に触れる手段のことです。

このように、違法な手段を用いる、高額の依頼料を支払わせておいて何もしない、場合によっては、延長すれば成功すると言ってさらに追加の料金を要求してくるといった業者が存在します。また、別れさせ屋に依頼したことをばらされたくなかったら金を払えと脅してくる業者もいるようです。

被害にあわないために気を付けておくポイント

広義では、別れさせ屋は探偵業に属しており、探偵業届け出を提出しなくてはなりません。この探偵業届け出を出しているおかげで、合法的に尾行や張り込みなどを行うことができるのです。ですから依頼する際は探偵業届け出を取得しているところを選びましょう。

この他にも、別れさせるための工作方法の説明を詳しく行ってくれない、別れさせにかかる諸経費ついての詳細な記述がない契約書や覚書なども気を付けておくポイントになります。工作行うために身辺調査や好みや趣味などの情報収集を行い、別れさせる相手に合わせたプランを立てて、相手が不審に思わないように、徐々に工作を行っていきます。ですので、詳しく工作内容を教えてくれない業者には依頼しないようにしましょう。諸経費ついての記述がない場合には、後になって多額の経費を請求してくることがあります。

また、依頼した後は、別れさせるための工作の状況について確認をしましょう。全てこちらに任せてください、大丈夫です、と言って説明を行ってくれない場合にはできる限り早く契約を解除して、消費者センターや弁護士に相談をするようにしましょう。

違法な別れさせ屋が無くならない理由

違法な別れさせ屋が、無くならないのは、被害にあってもその被害を訴え出ない人が多いからです。

依頼したことを人に知られたくないと思い、被害を受けても泣き寝入りをしてしまう人が多くいます。被害が訴えられなければ、取り締まることができず、違法な業者によって再び同じ被害を受ける人が出るということが起こっています。

まとめ

別れさせ屋に依頼しようというときは、人間関係に悩んで疲れているときであり、心に余裕が無くなっているものです。冷静に物事を判断できなくなっている状態の人が、すがるような気持ちで依頼しようとしているので、騙されやすくなっています。

別れさるために延長をすすめられて、延長分の料金を要求されたときにも何とかしたい思いで支払ってしまうことが多いです。違法な業者に一度お金を支払ってしまった場合には、目を付けられお金を取ろうとしてきます。

このような業者も存在しますが、別れさせ屋は違法ではなく、また法に違反するようなことを行って別れさせることはありません。

この記事をシェアする