復讐の為に別れさせ屋を利用する人の成功率

自分が一方的に傷つけられたとき、傷つけた相手にも同じ気持ちを味あわせたい、相手だけが幸せになるのが許せない、復讐してやるとチラリとでも考える人はいると思います。実行に移す為に別れさせ屋に依頼してしまうかもしれません。しかし、その依頼は意味のあることなのでしょうか。復讐心を満足させる為だけの依頼は、誰も幸せにはなれません。成功率は0パーセントといっても過言ではないかもしれません。

その依頼、ただの憂さ晴らしじゃない?

相手に振られて、恋人への未練を引きずって、復縁したいけれど相手にはもう恋人が居る状態のとき、別れさせ屋に依頼してでも別れさせたいと思う人がいるかもしれません。しかし、例え別れさせが成功したとしても、元恋人は依頼者の元に戻ってくるでしょうか。その可能性は0とは言えませんが、かなり低いことは確かです。別れさせ屋に依頼する目的は、ただ別れさせることではなく、よりを戻すことです。

元恋人と新しい相手を別れさせたとしても、元恋人はまた別の新しい恋人を作る可能性の方が高いでしょう。
なぜなら依頼者が別れさせ屋に依頼する以外には、何も変わっていないからです。

単なる復讐の為に二人を別れさせる依頼をすることは、お金をどぶに捨てるのに等しい行為といえるでしょう。

二人の未来の為の別れさせ屋

別れさせ屋が別れさせるのは、依頼人も依頼人の大切な人も、また依頼人と付き合っている人も最終的に誰もが幸せになるためです。そうなることが出来れば初めて成功率100パーセントといえます。

復讐の為の別れさせは、誰も幸せになれません。依頼者ですらもです。一時の感情は収まるでしょうが、そこから一歩も進めないからです。復讐心を抱いたままだと幸せにはなれません。

一時の感情から、別れさせ屋に依頼しようと考えることがあれば、一度深呼吸して冷静になって考え直してみるとよいでしょう。

達成がゴールじゃない

仮に復讐心だけで別れさせ屋に依頼したとして、どのくらいの成功率なのでしょうか。果たして依頼を受けてくれるのでしょうか。ということが気になります。もちろん引き受けてくれるところはあるでしょう。成功するかもしれません。しかしその後は?

元恋人が相手と別れたその後、依頼者はどう行動するのでしょうか。復縁する為に努力する、そうすれば依頼者もターゲットも幸せになれるのならば成功といえるかもしれません。しかし、一時のきまぐれで、復縁もしない、満たされたのは復讐心だけで依頼者もターゲットも誰も幸せにはなれなければそれは成功とは言えません。

そうこうするうちに元恋人にまた新しい恋人が出来れば同じことを繰り返してしまうかもしれません。そういうことを見越している業者は、その依頼は、引き受けてくれないことでしょう。

まとめ

復讐の為に別れさせ屋を利用しようと思い立ったとき、一歩立ち止まって、その先の未来を描いてみるとよいでしょう。元恋人の別れさせの先に自分との幸せな未来があるのか否かを。

復讐心に囚われて時間もお金も無駄にしていないのかどうかを考え直すことも大事なことです。未練や執着は何の未来も生みません。
自分の幸せは、自分のその手で掴み取るものなのです。依頼する前に良く考えてみてください。別れさせの先に幸せな未来があれば、その別れさせの成功率は100パーセントだといえます。

この記事をシェアする