ストーカーと別れたい!まずは別れさせ屋に連絡を

交際中はよいですが、交際相手と別れようとしたとき、別れ話が拗れて、別れたくても別れられない時、当人同士の話し合いで解決するのが難しければ必要以上に引き伸ばす必要はありません。第三者が介入するのがベストです。自力でなんとかしようとして相手がストーカー化する前に、もちろんしてからもですが、別れさせ屋に相談しましょう。下手にストーカーを刺激して、逆上され手がつけられなくなる前に。

ストーカー対策最後の砦

ストーカーは大きく分けて2パターンあります。1つ目は交際相手と別れ話が拗れてトラブルになる場合。2つ目は全く見も知らぬ人にストーキングされる場合です。

両者とも自分で解決しようとするのは危険を伴います。ストーキングする理由は、愛情ではなく執着の為やプライドを傷つけられた腹いせの為や臆病で声をかけられずにそのまま付回すなど様々です。

そして、相手に合わせた対策を練る必要があります。ストーカーになってしまうと、本人の説得で解決することは先ずありません。それどころか、逆上し危害を加えられる危険性があります。

なので、困ったときは、別れさせ屋に依頼することをおススメします。第三者の介入によって、ストーカーと化した相手も冷静な判断を取り戻すこともあります。

悩むよりも第三者へ相談を

交際相手がストーカーになった場合、誰かに相談はしづらいというのはよく分かります。一人暮らしで家族や親しい人が常にいない場合は特にそうです。しかし、状況を放置しておくと解決どころか状況は悪化します。なぜならストーカーは、そんな状況をも利用するからです。

当事者が解決しようとした際、毅然とした態度が逆効果になることもあります。別れたいのに別れない曖昧な態度がストーキングを加速させることもあります。

何らかの事件が起きる前に無事に別れられればベストですが、ストーカー行為を繰り返すようになれば、円満解決はなかなか難しいです。まずは信用のおける第三者に相談することが懸命です。

別れさせ屋でストーキングにブレーキ!

別れさせ屋に依頼した場合、問題となる人物の種類を分析します。といっても、全ての状況が傾向と対策に当てはまるわけではないので、その人がどんな人なのかを念入りに調べる必要があります。

その人物が何に執着をしているのかを知り、別の対象があればそちらに目移りするのか、交際相手に原因があるのか、どれくらい危険性があるのかを調査します。その上で、具体的な対策を立てます。

工作員が実際にストーカーと接触して解決を計ります。この時、対策を間違えると大変な事態に発展してしまう可能性もあるので、情報収集、分析は慎重に、かつ行動は大胆に短期間で行う必要があります。その間に依頼者がストーカーの前から姿を消すことが出来れば一番の解決法です。

まとめ

恋愛のこととなるとなかなか第三者が口を挟めません。しかし、そのことから思わぬ大事件へと発展する危険性があります。解決するには、なかなか一筋縄ではいかない場合もあります。

交際が順調ならばよいですが、いざ別れるとなると一方が別れたくても他方がすんなり別れてくれず、相手がストーカーになる場合があります。
ストーカーされる方ももちろん、心のどこかでいけないと分かっているけれど止め方が分からないと悩んでいる人も、一度別れさせ屋に相談するのも解決への一歩となるでしょう。

この記事をシェアする