別れさせ屋が適法との判決!その中身とは?

一般的に「怪しい」職業と思われがちな別れさせ屋ですが、その仕事内容は違法なのでしょうか?利用したことのない方は違法か適法かという問題はとても重要なことだと思います。今回は大阪地裁で行われた別れさせ屋に関する裁判の判決を通して、調査や工作の方法、違法になってしまうことや適法範囲内はどこまでかを考えてみましょう。もし利用を考えている方がいらっしゃれば、依頼するかどうかの判断の参考にしてみてください。

裁判の概要

依頼人が元交際相手の女性と、その女性の現在の交際相手の男性を別れさせるために別れさせ屋に工作を依頼しました。別れさせ屋は仕事を滞りなく終えましたが、依頼人が一部の支払いを拒否し、探偵事務所が大阪地裁に提訴することとなったのです。依頼人側は、探偵事務所側が講じた手段は公序良俗に反するため、この契約は無効であると主張しました。しかし、裁判長は探偵事務所が今回用いた工作の方法は関係者間の自由な意思で行われる範囲にとどまると判断し、未払いだった70万円の支払いを依頼人に命令しました。つまり簡単にまとめると、依頼人が交際関係にある2人を別れさせるように探偵事務所に依頼し、依頼を受けた工作員が工作を行い成功させたが、依頼人がその工作が違法であると支払いを拒否したため探偵事務所が提訴。その結果、適法と判断され支払いを命じる判決が下りたということです。

別れさせ屋の仕事の概要

今回の件で別れさせ屋はどのような方法で調査を行い工作したのでしょうか?依頼人が依頼した案件は、元交際相手の女性と現在付き合っている男性を別れさせるというものでしたので、まず女性工作員が交際相手の男性に接近し、連絡先の交換から食事をしました。その後に依頼人の元交際相手の女性にも接近し「男性は浮気をしている」と暴露して浮気をしていると思い込ませたのです。その結果、別れさせ屋は2人を別れさせることに成功しましたので、依頼を受けた仕事としては成功と言うことができると思います。本来ならば仕事が成功したのだから着手金と成功報酬は契約通りに払うべきですが、この依頼が成功した後になって依頼人が調査・工作方法が公序良俗に反するので契約を無効と主張しました。これを不服に思った探偵事務所が依頼人を相手取って大阪地裁に提訴したのです。

何故適法と判断したのか

一見すると違法とも思われてしまいそうな別れさせ屋の調査と工作方法ですが、なぜ適法との判決が出たのでしょうか。それは、今回の件で探偵事務所が工作としてとった手段は、対象者の人格や尊厳を傷つけたり、対象者が望まないのに接触したりしたとは言えないと判断されたからなのです。つまり、食事や連絡先の交換などは関係者の間で行われる自由な行為の範囲とされたのです。もちろん少し間違えると違法となってしまうこともあります。例えば別れさせる2人が婚姻関係にある場合です。ただの恋人関係ならば法的に貞操義務があるとは言い切れないため違法とまではならないケースが多いのだと思います。このように一歩間違えると違法と判断されてしまうことが少なからずあるのが別れさせ屋のお仕事ですので、適法の範囲内かどうかを確認してから依頼するようにしましょう。

まとめ

今回は別れさせ屋に関する大阪地裁控訴審の適法判決を参考に、別れさせ屋による調査や工作は違法か適法かなど様々な面から考えてみました。大切なのは公序良俗に反するか否かです。今回の件に関しては適法でしたが、実際に違法と判断されるような工作方法を行う業者もいないとは言いきれません。どこまでが違法でどこまでが適法なのか、はっきりと線が引かれているような仕事ではありませんので、探偵事務所側は当然ですが、依頼する側も慎重に検討してから依頼するようにしましょう。

この記事をシェアする