相談件数増えてます!別れさせ屋を使った夫婦再生への道

夫婦間の問題は、当事者同士の話し合いの場合、お互いが冷静になれないことも多いと思います。しかしデリケートな問題なのでなかなか家族や友人に相談し辛いというのも本音です。別れさせ屋は、秘密はもちろん厳守しますし、知っている人よりも、当人たちのことを全く知らない第三者に話す方が話し易いこともあります。一人で解決できない問題は、その道のプロに任せるのが、一番の解決法ではないでしょうか。

夫の浮気に気付いたら

女性は勘が鋭いといいますが、常に細かいところまで気を配っているので、普段と違う行動や言動に違和感を覚え易いのです。一度疑惑が巻き起こってしまうと、更に注意し、相手の言動の辻褄が合わないところを追求しようとします。

そこで問い詰めてしまうのも一つの方法ですが、そうなるとお互いの衝突は避けられません。慰謝料をもらってとっとと離婚したいと考えているならともかく、そうでないのならば相手の出方を伺い、相手に自分が気付いたことを悟られる前に事を終わらせた方が懸命です。

別れさせ屋に相談し、夫の不倫相手をターゲットにするか夫をターゲットにするか、ともかく夫と不倫相手を引き離すことから始めましょう。この工作が無事に成功すれば、夫は無傷で戻ってきますし、夫婦関係も守れます。

浮気そのものが許せないというならば別ですが、夫婦関係を崩したくない場合は、先手必勝がセオリーです。

幸せな家族を守るために

背徳的な行為は咎められると尚更気持ちが盛り上がってしまうものです。口では何とでも言えますが、隙あらばと思ってしまうのが人の常です。

夫婦になる前ならば、別れてしまえばよいのですが、結婚するとなかなかそうもいきません。ましてやお子さんが居る場合は、子供のためにも家族関係を守らなければなりません。夫婦喧嘩の様子を子供に見せたくないですし、喧嘩をすることによって相手の気持ちが離れてしまっては逆効果です。

損して得取れではないですが、憤りを一旦封印して、家族を守るということにヒューチャーすれば、おのずと道は見えてきます。

目指せ、縁の下の力持ち

夫婦間でも、パートナーからのDVやモラハラから逃れたいと悩む人もいることと思います。DVやモラハラをする人は、雨とムチを上手に駆使して相手を逃さないようにしますので、当事者同士の話し合いだけではなかなか進展しません。

別れさせ屋の介入によって解決したという事例はあります。DVやモラハラは、誰に対しても行うのではなく特定のその人だけという場合もあります。その場合は、二人が離れることによって、行っていた本人もその苦しみから解放されます。その対象が他に向けられることはありません。そもそも誰に対してもそのような態度であるならば別の専門家の手が必要です。

夫婦の問題とはいえ、第三者や第三機関に相談することが解決への近道になることがありますので、一人で悩む前に相談しましょう。

まとめ

夫婦関係において、ひとたび問題が持ち上がると、当事者同士の話し合いで解決できない問題にまで発展することがあります。そんな時、冷静に将来どうなりたいのかを具体的にイメージすると解決法が見付かります。

一人では解決できないようなことは、第三者に相談する方がよいでしょう。別れさせ屋は、計画の実行だけでなく、相談にも乗ってくれます。夫婦の問題だからと遠慮することはありません。一番大事なことが何かを分かっていれば、行動に移せることでしょう。

この記事をシェアする