別れさせ屋で追加料金が発生したらどうすれば良い?

別れさせ屋に依頼する上で、やはり一番気がかりなのは費用ではないでしょうか。実は別れさせ屋の工作は、どれぐらいの内容がいくらで可能かという一律料金での単価というのは存在しません。例えば別れさせたい、別れたいといった希望を叶えるための工作は、病気の治療と似ていて、体調が悪いからと病院に行ったところで「1万円以内で治療をしてください」といった提示はできません。別れさせ屋も同様で必要に応じて追加料金が発生することもあります。さてその場合どうしたら良いのか、こちらでご紹介していきます。

別れさせ屋の料金体系とは?

別れさせ屋の料金は、難易度によって異なります。難易度低で40万円~、難易度中で65万円~、難易度高で115万円~、難易度激高で250万円~が相場となっているようです。勿論、難易度が高くなればなるほど、ロングタームな工作期間が必要となり、成果を得るための諸経費もかかりますのでその分人件費や交通費が嵩みます。そのため単純に計算しても経費も高くなるのは当然のことと言えます。相場としては、カップルが別れるなどの平均的な案件でも2ヶ月程度を要するとのことです。また、別れさせ屋の中には、お試しプランのような単発のコースがある業者も存在します。勿論、原則一度お願いすれば成果が出るまで取り組んでくれるのですが、あまりに仕事が遅いとか態度が悪い、追加料金が高いなどの業者だった場合途中でやめる事は難しくなってくるため、その点が不安な方はぜひお試しプランのある業者の選択をお勧めします。

追加料金が必要になったらどうすれば良い?

別れさせ屋を利用する上で、心配なのが「追加料金」の度合いではないでしょうか。最初は安いと感じていた業者も、実は安いのは最初の設定だけで、一定期間内に成果が出なかったと適当なことを言って追加料金をとって儲けるつもりではないか…と考える人も少なくはないのではないでしょうか。ほとんどの別れさせ屋の場合、事前にどのようなケースで追加料金が発生するか説明をしてくれます。依頼時にその内容に正当性や妥当性があるかを確認しておく必要があります。もし、なんの説明もしないような業者であれば、先に説明した不安が的中してしまう可能性も否定できませんので、注意が必要です。

主な追加料金の例

勿論、人間を相手にしているのでイレギュラーな状況というのは起こりえます。例えば、別れさせようとしていたターゲットが転勤してしまったり、予想以上にターゲットが執念深い人物だったりした場合、当初の定めていた期間では成果が挙げられないこともあると思います。勿論その場合、工作を中断することもできますが、必要に応じて追加料金が発生するケースも考えられます。別れさせ屋からは工作の進捗報告がありますので、どうしてもあと一歩で成果が挙げられるのに、といった場合などには追加料金を請求されることもあるでしょう。ただし、中にはわざと若干の工作進展を後れさせ、追加料金を請求してくる悪質な業者も存在しますので、怪しいと感じた場合はしっかりとなぜそうなったのか、そうならないためにはこうできたのではないかと問いつめ、追加料金が必要になってしまった理由を納得してから次に進むようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。別れさせ屋と依頼者の間のトラブルとして多いのが金銭トラブルとなります。特に最初に考えていた予算をオーバーすることになる、この追加料金に対するトラブルは深刻なものになりかねますので、最善の注意が必要でしょう。無駄なトラブルを回避するためにも、工作をスタートさせる前にあらかじめ業者ともこの事について明確な擦り合わせを行い、途中報告での進捗状況をしっかりと整理し、当初の設定期間にコミットしてもらえるのかどうかを判断しながら進めていくことが必要です。

この記事をシェアする