別れさせ屋に別れさせられた夫婦のよくあるその後

別れさせ屋が別れさせることのできるカップルは、依頼によってもさまざま。電撃結婚をしたカップルである場合もありますし、長い間連れ添った仲のよいカップルである場合もあります。エージェントの巧みな手法によって夫婦関係に幕を引いたカップルには、どのようなその後が待ち受けているのでしょうか?また、カップルが離婚したことによって生まれることとなった別のしあわせや、人それぞれ異なるしあわせのかたちについても、合わせて見ていきたいと思います。

円満離婚、復縁、不倫や浮気が実ることも

実は、別れさせ屋で相談が多いのは、婚姻関係にある夫婦の離婚を目的としたご相談。ごくシンプルに性格の不一致や価値観の違いなどを理由に、離婚相談に来る方もいらっしゃいますが、当然ながら、特殊なケースも存在します。暴力をふるう夫にもう耐えきれず、子供の将来のためにもきちんとした手順を踏んだ離婚をして再出発したいというご相談もありますし、自分の浮気や相手の不倫など、男女問題が関わっている離婚のご相談、明らかに間違っている相手と結婚してしまった娘や息子夫婦を別れさせて欲しいといったご相談などもあります。

依頼者様と自身の夫や妻との離婚を目的としたご相談をされる場合、どちらか片方はすでに離婚の意志があるわけですから、比較的簡単な離婚工作で離婚へと導くことが可能になりますし、離婚後のことまでを考慮して打ち合わせやカウンセリングを進めさせていただきますので、離婚後に新しい幸せを見つけている方も多く存在します。

無事に円満に離婚をして、その後にプライベートで出会った別の方と再婚し、現在は新しい家庭を築いてしあわせに暮らしているという方もいらっしゃいますし、毎日ストレスだった夫婦生活から解放されて、気ままな独身生活を楽しんでいるという方もいらっしゃいます。しかし、中には、当時は、夫の浮気に耐えきれずに工作を依頼して離婚をしたけれど、何年か経つうちにお互いの距離感が自然と縮まり、2人でやり直すことにしたなどという復縁のお話を聞くこともあります。

また、不倫相手の男性とその奥さんの離婚に成功した工作の依頼者の方などは、その後もいろいろあったけれど今は落ち着いて、こそこそ密会をしなくてもよい2人だけの生活にも慣れてきたなどという方もいらっしゃいますし、結婚したようやく世間に認められる家族になることができたと喜ばれている方もいらっしゃいます。私たち、別れさせ屋の工作によって起こる別れの後にも、いろいろなかたちのしあわせがあるのだなとつくづく考えさせられます。

亀裂が入りやすいのはセックスレス夫婦

最近、メディアなどでも取り上げられることが増えてきた、セックスレス夫婦の問題。一部では、日本特有の問題とも言われていることをご存知ですか?別れさせ屋が、離婚工作や別れさせ工作のターゲットとするカップルにもさまざまなカップルがいますが、実は、簡単に亀裂を入れることができるのが、このセックスレスの問題を抱えるカップルでもあります。

毎日仕事が忙しい、子供がいるから2人の時間を作るのが難しい、などといった理由が背景にあるかもしれませんが、セックスレス問題が男女関係に与える影響は意外と大きく、浮気・別居・離婚などの原因となってしまうことも少なくありません。セックスはカップルにおいて、ひとつの重要なコミュニケーション方法のひとつ。

そして、性の問題は、パートナーとの話合いで解決できることがほとんどです。パートナーとのセックスに不満がある、お互いに楽しむための要望があるといった場合も、1人で抱え込んでしまうのではなく積極的にコミュニケーションを取るように心がけてみるなど、できることから少しずつ始めてみてはいかがでしょうか。

デリケートな問題であるからこそ、恥ずかしがらずに、率直に問題と向き合ってみることで、より強い絆を持ったパートナー関係を構築していくことができるはずです。よく「しあわせは永遠に続かない」と言われることもありますが、正しくは、「しあわせは努力なしには永遠に続くことができない」ではないかと私たちは考えています。どれだけ優秀な別れさせ屋が巧妙な計画を持って離婚工作をしたとしても、長い時間を費やして工作をしたとしても、本当に強い絆で結ばれている2人の間は裂くことができません。

別れさせ屋による工作が見事に成功した「その後」に手に入れたしあわせだからこそ、見えるものもきっとあるはずです。価値観の違いを埋め合うことのできる密なコミュニケーションを心がけることも大切でしょう。また、時には、子供を預けて自分とパートナーが2人きりの時間を過ごすことも大切になるかもしれません。せっかく掴んだしあわせを逃さないよう2人でお互いに歩み寄ることを忘れずに、実った運命を大切にしていただければと思います。

夫婦間のしあわせとは何か?

今まで、たくさんの人々の出会いと別れを見てくる機会に恵まれた別れさせ屋として思うのは、人のしあわせは人それぞれだということ、そして、しあわせを前にしても、人は欲張りになりがちだということです。また、理想通りの出会いや別れというものはあっても、自分にとって完璧な恋愛や結婚というものは存在しないのではないかということです。

どんなに運命的な出会いを遂げたとしても、ドラマティックな展開は永遠に続くわけではありません。工作が成功したその後に、うまくいっている新しい関係があったとしても、理想のしあわせを追っているだけでは、すぐそばにある現実のしあわせを見逃してしまうことになるかもしれません。

普段の生活の中では、なかなか意識することの少ないテーマかもしれませんが、一度考えていただきたいのは、自分にとってのしあわせがどのようなものであるかということ。いつまでも仲睦まじい夫婦であるためには、お互いにどのような努力をするべきなのかなどにフォーカスしてみてもよいと思いますし、自分では気がつけていないだけで、実はたくさんのしあわせに囲まれているのではないかなど、少し哲学的なテーマについて考えてみていただければと思います。

別れさせ屋が、離婚工作や別れさせ工作といった特別な手法を使うことによって、きっかけを作らせていただいた、しあわせへの入り口。ご自身が思うしあわせを守り続けることのできるよう、ぜひ素敵な日々を過ごしていっていただければと思います。

まとめ

普段は気がつくことのできないような小さなしあわせが、おそらく、この世の中にはあふれています。長い梅雨が終わった後の爽やかな初夏がかけがえのないものであるように、恋愛関係や夫婦関係はもちろん、ひとつひとつの出会いや別れもかけがえのないものではないでしょうか。

とくに、もともと他人であった2人の想いが通じ合って、同じ時間を過ごしていくということを当たり前にしている恋愛関係や婚姻関係は、まるで奇跡とも言えること。別れさせ屋がお手伝いできるしあわせのきっかけ作りのその後に、依頼者様自身が切り拓いていくことが必要なしあわせのかたちもあるはずです。ぜひこの機会に、本当のしあわせの意味についても考えていただければと思います。

この記事をシェアする