優良な別れさせ屋の選び方

そもそも、別れさせ屋の工作は、誰にも気づかれることなく秘密裏に行なわれる種類のものです。また依頼するほうも、それがどんなに親しい友人であったとしても、口を硬く閉ざしてその内容を語ることはないかもしれません。飲食店やネット通販と違って、口コミや評価を参考にはできないので、その選択には頭を悩ませてしまいます。ましてや、急を要する際にはじっくり選んでいる時間はないはずです。そんな時、優良な業者を見つけ出せる選び方を調べてみたいと思います。

安全で優良な別れさせ屋の特徴

安全で優良な業者を選ぶ場合、何を基準にすればいいのかは難しい問題です。他の業種と違い一般人が頻繁に利用する種類のものではないため、身近な友人知人の体験談を参考にすることは出来ません。通常別れさせ屋にかかる費用は、100万円から数百万円に及ぶともいわれています。そこで、素人でも理解しやすく納得できる目安になるものを、いくつかあげてみることにしました。

まず第一に、営業するにあたり公安委員会から探偵業の許可書の発行を受けているかどうかが重要となります。これは、いわば「国のお墨付き」を受けているかどうかということで、ヤミの業者ではないという判断基準になるのです。また、トラブル等で営業停止などの行政処分を受けていないかというのも、警察機関のホームページなどで確認しておくことも忘れてはいけません。さらには、ネットの投稿サイトや掲示板において著しく悪い評価や、トラブルによる裁判等の有無も確認しておいたほうがいいでしょう。

優良な業者は、依頼者目線に立って、契約までに十分な相談時間を設けてくれて、失敗の可能性や負うかもしれないリスクまで丁寧に説明し、全てを納得したうえで契約という手続きに至ります。十分な説明もなくただ契約を急ぐような場合は、警戒したほうがいいと思います。業者によっては、「お試しプラン」が設定されている場合があるので、どうしようか迷った時には、利用して様子をみてみるのも、大きなリスクを防げるのではないでしょうか。

ただでさえ、トラブルに巻き込まれて辛い思いをしているのに、悪い業者でさらなる痛手を被ることのないよう、別れさせ屋の選び方は、慎重のうえに慎重を重ねるべきではないでしょうか。

別れさせ屋との間で交わされる契約書

別れさせ屋に業務を依頼する際には、きちんとした契約書を交わす必要があります。探偵業法では、まず大前提として契約時に、契約前重要説明事項・受領書類に関する誓約書・調査・工作契約書といった、3つの書面を交わすことが義務付けられていることを知っておいてください。3つの書面と契約書は、その業者が優良であるかどうかを見極めるための試金石になるのです。そして、契約書においては、記載された契約内容に、依頼者の安全と権利が保証されているかどうかが最も重要となります。さらに、プライバシーと情報の守秘義務などが明記されていることも、確認しておく必要があります。たとえ契約書を交わしても、業者側に都合のいい内容ばかり盛り込まれていたり、必要書類の提示がなされていなかったりする場合、それは信用できない業者だと言わざるを得ません。

次に、契約書に依頼料金の内訳や交通費など、経費について詳細な記載がされているかも確認しておかないといけません。そうしないと、高額な費用を支払っているにもかかわらず、当たり前のように追加料金を請求する悪い業者もいるのです。いずれにしても、相談時に交わされた会話が、どれだけ心を打つような内容であっても、口約束はあくまでも架空のものとして、全てを書面化して契約書に盛り込んでおくことをおすすめします。

トラブルに直面して、一刻も早く解決したいと焦る気持ちは十分理解できます。けれども、そんな依頼者の気持ちに付け込んで、食い物にしようとする悪徳業者の存在も否めません。優良な別れさせ屋を見極めるうえで、契約書の重要性は理解していただけたはずなので、依頼する際には、契約書を隅からすみまで、一字一句確認する冷静さを取り戻してください。

悪徳な別れさせ屋の手口

別れさせ屋には、優良な業者ばかりではなく、残念ながら、傷ついた依頼者をさらなる苦境に追い込む悪徳といわれる業者も存在しています。それでは、悪徳業者はどのような手口で依頼者を騙すのでしょうか?一般的に考えて、何の根拠も示さずに成功ばかりを匂わせて、契約を急がせるところは信用してはいけません。なぜなら、この業務は簡単に成功を語れるほど簡単なものではないからです。

優良な業者は、多くの経験や事例に基づいて、業務の難しさや失敗の可能性やリスクまで、時間をかけて包み隠さず説明してくれるので、依頼者も納得したうえでの契約になります。また、契約内容は、口約束ではなく全てを書面にしてくれるので、安心して任せることが出来ます。それは、かかる費用面でもいえることで、悪徳業者は契約した金額以外にも、色々と理由をつけて追加料金を請求してきます。

そういった状況を回避するためにも、契約書の経費については、抜け道がないかどうか契約前にきちんと確認しておきましょう。また、悪徳業者は、自分に都合の悪いことを一切表面には出さないのですが、行政処分を受けたことや依頼者とのトラブルを抱えている場合があります。当然ながら、ホームページに記載されているわけもなく、相談に訪れた段階で自分から話すとは考えられません。もし不安に感じたときは、警察のホームページで調べてみたり、投稿サイトなどの掲示板で悪い評判が立っていないか確認してみたりしましょう。

別れさせ屋は、選び方を間違えると、今より悪い状況に陥ることにもなりかねないし、大金をドブに捨てるような結果になってしまいます。以上のようなことに留意して、悪徳業者に引っかからないように気をつけてください。

まとめ

安全で優良な別れさせ屋の選び方は、難しいかもしれませんが、冷静に考えればとてもシンプルです。依頼者の話を親身に聞いてくれて、得られた情報から失敗やリスクも含めた詳細な説明がなされ、契約内容は全て書面化してくれる業者は信頼ができるということです。また、事前説明でなされたサービスが、ちゃんと行使されているか確認できるよう、途中経過を報告してくれるところも信用できる業者だといえます。失敗しないためにも、以上のようなことを参考にして、選んでみてください。

この記事をシェアする