夫婦間のDV被害から解放されるには別れさせ屋がおすすめ

配偶者暴力防止法とも呼ばれる法律でも広く知られることとなった、ドメスティック・バイオレンス=DVの問題は、日本政府が積極的に取り組んでいる社会問題のひとつでもありますが、まだまだ日本には、夫婦間の暴力被害に悩まされている方が多いと言われています。DV夫やDV妻からの暴力に悩んでいる方の心強い味方となる別れさせ屋を上手に利用して、肉体的・精神的苦痛をともなう家庭内暴力からの解放を目指しませんか?DV対策上のポイントとなるいくつかの事柄について、ご紹介していきたいと思います。

日本におけるDV被害や虐待被害の実態

DVは人権問題のひとつでもあり、世界的にも早急に解決が必要な問題と言われています。現在、DV(ドメスティック・バイオレンス)が、日本人の離婚原因の上位を占めていることをご存知でしょうか?ここ数年の統計でも、男性の離婚原因3位、女性の離婚原因2位と性別に限らず、非常に高い順位を占めています。殴る・蹴るといったような肉体的な暴力・性的な暴力・言葉による精神的な苦痛をともなうことが多い女性のケースとは違い、男性の場合は、経済的暴力・言葉などを使ったモラルハラスメントなどで精神的な苦痛を被っているケースが多くなっているのが特徴と言えます。男性・女性と性別に限らずDVに悩んでいる方は、首都圏を中心に年々増加傾向にあり、地域によっては、ここ10年で倍増しているとも言われるほどです。

また、夫婦間のDVのほかにも、児童虐待も大きな社会問題となっており、子供に暴力をふるう身体的虐待、子供に性的な暴力をはたらく性的虐待、子供に食事を与えないなどの行動を取る育児放棄や育児怠慢(ネグレクト)などへの不安も高まっています。子供の場合は、幼稚園や学校などの外部の関係者が気づき、専門機関に相談を持ちかけ解決に近づくこともあります。

一方で、主婦・主夫など、家庭内で多くの時間を過ごすことになる方が被害にあっている場合は、どうしても第3者には気づきにくいという面もあります。また、恐怖心などから、「自分に非があるから暴力を受けているんだ」「自分が悪いんだ」という思い込みに陥ってしまう場合もありますし、「暴力を受けていることを認めたくない」「恥ずかしくてとても人には言えない」「誰かに相談したらさらに暴力が悪化するに違いない」といったような考え方も、大人のDV問題の実態をわかりにくくしている傾向を作ってしまっています。

どんなかたちであっても、DVは立派な人権侵害という犯罪です。実際に被害に合っている場合は、たとえ加害者が脅してきたとしても、大事に至らないうちに警察へ相談することも大切です。また、暴力の大小に関わらず、離婚などに向けて最善の策を取ることが何よりも大切になりますので、別れさせ屋などに相談するなどの一歩を踏み出すことも大切です。

DV問題にこそ別れさせ屋が力を発揮する

DV問題を抱える加害者は、男女ともに、DVで暴力をふるうことと優しそうな外見や人当たりのよさとは関係のないことが多く、家庭内で2人きりになると突然、態度を豹変させるようなことも多く見られます。そのため、傍から見ると、しあわせそうな家族に見えるケースや仲の良い夫婦に見えるケースも少なくありません。

また、女性の社会進出という意味で世界に遅れをとっている日本では、男尊女卑という歴史的な背景もありますので、夫が妻に対する身体的暴力や精神的暴力に気がついていない方もいるかもしれません。とくに、もともと亭主関白という傾向が強い夫婦の場合は、どこからがDVに当たるのかを判断しにくいという場合もあるかしれません。

逆に、夫の威厳や世間体などを気にして、妻から受けている暴力を我慢という方法で解決しようと思ってしまう男性も、中にはいらっしゃるかもしれません。しかし、女性が加害者となるケースも増加傾向にあると言われていますし、我慢することでうつ病などを発症し、毎日の生活や今後の人生にまで影響を与えてしまうケースも増えてきていますので、お互いのためにも、理不尽な暴力に対する正しい対応が必要になります。

DVは、自然と状況が好転するような可能性が非常に低い問題であるだけではなく、短い期間でも、暴力の程度がエスカレートしやすい問題と言われています。また、暴力のタイプによっては、命に関わるリスクをともなう危険な状況とも言えますので、いつまでも1人で悩むのではなく、早々の解決を望むことが重要になります。

まず、DV被害や子供の虐待被害でお悩みの方に考えていただきたいのは、真実から目を背けずに、現状を打開する心構えを持つ心がけるということ。暴力へ恐怖はもちろん、加害者から受ける肉体的・精神的な圧力によりポジティブな思考を持つことが難しいかもしれませんが、DV対策に強い別れさせ屋の手法などで、かならず打開策は見えてきます。暴力に怯えることなく、安心して暮らすことのできる、明るい未来を勝ち取ることを目標としてはいかがでしょうか。

被害者から卒業して新たな人生を歩む決断を

欧米の先進国に比べ、まだまだ対応が遅れがちだと言われる日本のDV問題。暴力の種類、家庭内の事情、DVを受けていることから生まれる心理的な問題などから、なかなか発見や解決が難しい問題ではあるかと思います。しかし、問題の根本的な解決のためには、やはり被害者側からのアプローチが必要不可欠。暴力をふるうパートナーに立ち向かうことは強い意志を持つことを必要としますが、別れさせ屋の緻密な計画と作戦による協力を得ることで、トラブルなく解決を目指すことができます。

とくに、子供がいる夫婦の場合では、早期解決が必須とも言えるでしょう。DVや激しい夫婦喧嘩を見て育つ子供は、長い間、多大なストレスを抱えながら育つことになってしまいます。数十年後の子供の人生にまで影響を及ぼし続ける可能性のある脳への負担、大きなトラウマとなる心の負担など、その影響ははかりしれません。離婚工作成功までに要する期間も、スムーズに工作が進む場合では1ヶ月に満たないこともあります。子供のこれからの将来のためは、早々の離婚や完全な縁切りほど必要なものはないと思いますので、ぜひ早めの決断をおすすめします。

DV問題を抱えるパートナーから本当の意味で解放されるためには、離婚をするという決断はもちろん、これからの人生をやり直すという揺るぎない決断を下す必要があります。近年は、日本政府によるDV被害者の自立支援や一時保護なども積極的におこなわれるようになっていますので、離婚後の経済面に不安を感じるため、夫から逃げられないと躊躇していた方や逃げる場所がないから我慢をするしかないと考えていた方なども安心して、別れさせ屋による離婚工作を利用していただけるのではないかと思います。

まとめ

少し前までは、DV被害者=女性というような典型的な図式が成り立っていましたが、最近では、女性が加害者になるケースも徐々に増えてきています。政府による支援も充実してきていますので、別れさせ屋による離婚工作期間中にも、家族の身の安全を確保することも不可能ではありません。別れさせ屋の巧妙なテクニックにより驚くほど早く離婚が成立するケースもありますので、さらなる暴力や離婚をすることに対する報復などに怯えることなく、ぜひ前向きにこれからの人生を歩むことを検討してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする