facebookを活用した復縁方法とは?

別れる決心をした際に、未練が残らないように連絡先を消去する人は少なくないと思います。その後、別れの理由が自分の勘違いであったと気づいたときには、残念ながら後の祭りで、失くしたものは帰って来ません。けれども、あきらめるのはまだ早いかもしれません。facebookなどのSNSを活用すれば、音信不通になった相手に辿りつけるかも知れないのです。ここでは、そんな復縁方法について、出切る限り紹介してまいります。

まずは相手がどのように使っているか見極めよう

facebookの利用法はひとそれぞれ個性的で、公開されているプロフィールやアップされている情報の量も、人によって大きく違っています。積極的に利用している人はとてもオープンで、更新回数も多く友達リクエストにも気軽に応じています。けれども、分かれる際に相手から着信拒否をされて、連絡がつかなくなってしまった場合には、こちらから性急にコンタクトを取ることは、おすすめできません。

たとえ音信不通になっていても、相手の行動が逐一手に取るようにわかるし、最近興味を持っていることや趣味嗜好も知ることができるので、しばらくは様子を見ながら作戦をじっくり練ってみてください。さらに、休日の過ごし方や行動パターンもわかりやすいので、復縁のきっかけ作りにはとても有効になります。

一方で、アカウントを持っていても、プロフィールの詳細や写真やブログなどを、一切公開してない人もなかにはいます。また、名前で検索しても見つからない場合もあるのですが、あなたが発信した情報を、周囲の友人や家族から伝わることもあるし、何らかの方法で本人が見ることも可能なので、とりあえずは見ているのを前提に活用方法を考えていきましょう。

復縁するためにfacebookを活用する際には、まず相手がどのようなスタンスで利用しているかを、じっくりと見極めたうえで行動を起こさないと、前に別れたときの傷口をさらに広げてしまい、もっと苦しくて辛いことになってしまいます。それどころか、復縁できる可能性を限りなくゼロに近づけてしまうことになりかねないし、どのような手段を持ってしても、相手を見つけ出せなくなるかもしれません。とにもかくにも、急がずゆっくりと時間をかけて、緻密な作戦を練った上で、あなたがかけた網にかかるよう良いタイミングを計りましょう。

自分のfacebookページの活用方法

音信不通になってしまったけれど、どうしても忘れられない人はいませんか?必ずしもそうだとは言い切れませんが、あなたがもう一度やり直したいと思っているのと同じように、相手の人もそう考えているかもしれません。そんな時、ふと開いたfacebookであなたの名前と日々楽しく過ごす活き活きとした画像を目にしたら、「もう一度逢いたい!」と、相手の心に火がつくことはあるはずです。あくまでも自然な形で復縁したいと考えているなら、相手が見ているという前提で、前向きに自分を磨き人生を謳歌している姿を見せて、関心を引くための努力を怠ってはいけません。

もし、相手のアカウントをみつけても、自分から友達リクエストや足跡を残さないで、相手がいない世界で、自分は今充実した毎日を送っていることを強調しなければなりません。別れの理由は、それぞれだと思いますが、少なからず自分が関わった人間が、別の世界で思い切り楽しんで輝いていることに、人は少なからず興味を持つものです。そこで効果的なのが、画像をまとめてアップすることです。

百聞は一見にしかずというように、画像は多くの言葉より端的に状況を表してくれます。密かに自分磨きをして美しくなった姿や、目に見えないところでダイエットに励み引き締まった身体を公開することも有効で、いつの間にかカッコよくなった姿や磨きをかけた美貌には、興味が惹かれて当然だと思います。

別れてもなお復縁を望む相手に、懇願したり付き纏ったりしてストーカー扱いされるのではなく、ついつい音信不通にしてしまったけれど出来るならもう一度やり直してみたいと考えるなら、自分のfacebookを上手に活用して、スキルアップした自分を見せ付けるという方法も、ありかもしれません。

メッセージなどを使って最終的には会う

「若気のいたり」といった言葉があるように、思いを残したまま不本意にも別れてしまったけれど、連絡が取れなくなってしまった人ともう一度会ってやり直したいと、復縁願望を持っている人は少なくありません。そういう思いは、意外と根深いものとなって、次へのステップに進む妨げになるものです。

その別れの顛末は、別れを決意して潔く自分から連絡先を削除してしまった場合もあれば、相手から着信拒否をされてしまい音信不通になってしまうこともあります。ひと昔前なら二人の関係はこの時点でジ・エンドということで、胸に刺さった苦く哀しい思い出になってしまいます。けれども、現代は空前のネット社会といわれるように、猫も杓子もネットに?がっています。

また、SNSの普及によって、一般市民も自分のプライベートを惜しみなく社会に公開しています。知りたいという意欲と検索をする術があれば、音信不通になった相手を探し出すことが出来るし、直接接触しなくても相手に関心を持たせるような、自分を演出することが出来る時代でもあるのです。

自分のfacebookを有効に活用すれば、直接相手に接触をすることなく、スキルアップした今の自分を存分に披露することが出来るというわけです。そしていつか、相手からコンタクトがあった時には、ちょっともったいぶって「じゃあ、逢ってみる?」ぐらいの感じでメッセージを送って、劇的な再会を遂げるのもドラマチックではないでしょうか。

冷静に考えれば、雲を掴むような話かもしれませんが、たとえ失敗に終わったとしても、その間に費やした努力と時間は、決して無駄だとは言えません。失くしたものを取り戻そうとして、傾けた情熱はこれからの人生に、きっと役立つはずです。

まとめ

ネット社会といわれて久しい現代において、facebookを上手に活用して自分の力で復縁を試みるのは、この時代ならではの方法と言えるかもしれません。ただ、相手がネット音痴で成す術がない場合があるかもしれませんが、そういった時は周囲の友人の協力を頼みにして、まずは自分を成長させることと、過去にとらわれず明るく活発に生きていることを、率先して見せてあげましょう。もし連絡があったときは、できるだけ素直な気持ちを伝えて、失敗に終わったとしても挫けずに、新しい人生に向かって第一歩を踏み出してください。

この記事をシェアする