別れさせ屋への依頼から調査までの流れ

別れさせ屋の調査方法の流れは、依頼者から寄せられた情報をもとに様々な方法で調査を重ねて、より詳細な趣味嗜好や生活・行動のパターンを探っていきます。これらの情報を集約させて効果的な工作を立案していくので、依頼を受けてからどのように調査を進めていくかが、成功の鍵を握っているといっても過言ではありません。そのためには、依頼者からどれだけ正確かつ詳細な情報を、引き出すことができるかが重要になってきます。

メールや電話による相談

別れさせ屋に相談したいけれど、いきなり行くのはちょっと抵抗を感じるという人のために、メールや電話で相談を受け付けています。相談者が、現在置かれている状況や対象者との関係性などを、出来るだけ詳しく説明することで、ある程度の可能性を診断してくれるサービスです。当然ですが、具体的な解決方法は正式に依頼してからになりますが、匿名でも可能ですし秘密も厳守されます。また、いくつかの業者に相談してみれば、契約する前に費用や工作内容を比較出来るので、自分にあった業者選びの参考になるのではないでしょうか。

正式に依頼することになって契約に進む場合には、直接足を運んで社内の様子や担当者の人となりを確認するべきですが、前もって相談していれば、ある程度の心づもりが出来てから対面できます。そのほか、遠方に住んでいる場合は、どうしようか決めかねているときに何度も足を運ぶのは、余計な経費がかかってしまうので、メールや電話で済ませられるなら、経費節減にもなります。

トラブルに巻き込まれて、心身ともに不安定になっている時に、苦しい胸の内を吐露するのはとても辛いことかも知れません。けれども、まず相談する勇気が持てれば、希望を見出すための第一歩になるのです。また、メールでなら緊張せずに冷静になることができて、何度も読み返すことで、自分の気持ちや置かれている状況が整理できるため、より正確に伝えられるのではないでしょうか。

一般的に、工作を成功に導くのは、より正確な情報が豊富にあることだといわれています。別れさせ屋の業務の流れの中で、最初は相談から始まるのだから、勇気を持って電話でもメールでも、胸のつかえを吐き出すことが、解決に向けてのとても重要な足がかりになるのです。

面談・見積もりから契約

メールや電話によって相談をしたうえで、ある程度の業務内容が把握できたら、いよいよ別れさせ屋に出向いて担当者と面談することになります。ホームページだけでは、会社の規模やオフィスの雰囲気を知ることはできないので、ちゃんとした業者であるかどうか自分の目で確認しておくことも、信頼関係を築く上では大切です。

どうしても都合がつかない時など、業者によっては、依頼者が希望する場所に出張してくれるサービスもありますが、そういう場合は交通費等を負担することになります。面談では、相談内容からより具体的に工作の方法や内容が提示されて、依頼者の要望を確認したうえで見積もりが出されます。長年の経験や過去の似たような事案から、解決のために必要な工作方法や実労回数が提案されますが、場合によってはオプションを付加したほうが効果的な場合もあるので、納得できるまで細かく説明を受けておくことが大切です。

特に金銭面は、できるだけ詳細を文章化しておいたほうが、後々に起こりがちなトラブルを回避できます。いよいよ正式に契約となった際に、知っておかなければならないことがあります。別れさせ屋に依頼する場合、契約前に3つの書面提示が義務付けられていると言うことです。それは、契約前重要説明事項・受領書類に関する誓約書・調査及び工作契約書です。契約前に、リスクを含めた業務内容がきちんと文書化されたもので説明を受けることになります。

その重要事項説明書を確かに受領したうえで、依頼者から業者に誓約書が提出されるのです。さらに、調査や工作の方法と回数、それに伴う費用と諸経費の明細書等を明記した正式な契約書が交わされるといった流れになります。この全てが整った上で、正式な契約ということになり、依頼が成立したということになるのです。

工作・調査およびアフターサービス

別れさせ屋の調査は、依頼者から寄せられた対象者の基本的な情報をもとに、尾行や聞き込みなどで詳細な調査を積み重ねて、趣味嗜好や行動パターン、行きつけの店や立ち寄り先までを把握していきます。依頼者が聞き取り調査の際に、どんなに小さなことでも、きっかけになり得る多くの情報を提供できれば、調査期間や回数が少なく済むので、コストダウンすることが可能になる場合もあります。工作を行なう際には、集められた情報から有効的な出会いを演出したり、自然に見せかけたエピソードを仕組んでいったりするので、情報量が豊富であることの重要性はいうまでもありません。

別れるにしても別れさせるにしても、まったく無関係な第三者の出現によって、心変わりするように仕向けていくのが特殊工作の真髄なので、緻密に計算されたシナリオに基づいた、巧妙な心理作戦が繰り広げられるわけです。このような流れで工作が行なわれ、別れさせることが無事成功しても、何もしないで放置しておくと、消えた火が再燃することも考えられます。

工作終了後のアフターサービスは、別れさせ屋の業務の中でも重要な位置を占めていて、アフターケアとして定期的に依頼者と連絡を取り合ったり、適切なアドバイスを行なったりして、その後も安心して生活できるようサポートが徹底されています。また、工作が首尾よく運ばなかった場合でも、アフターケアによって成功へと好転するケースもあるので、希望を失わず信頼し続けることが大切なのかもしれません。

人の心は、描いたシナリオのように全てが上手くいくとは限りません。けれども、全てのサービスが終了した時に、依頼者が望んでいた結末を迎えることが出来ていたら、本当の意味での成功だと言えるのではないでしょうか。

まとめ

別れさせ屋の業務は、メールや電話による相談から始まり、面談をしてより具体的に依頼するかどうかが検討されていきます。いざ正式に契約することになっても、依頼者の経済面や精神面に寄り添った見積もりがなされて、調査や工作が行なわれていきます。どんなに緻密に入念に立てられた計画であっても、人を対象に行うことは、一筋縄では行かないこともあるかもしれません。けれども徹底したアフターサービスで、依頼者の精神的ケアやアドバイスをしてくれるので、一貫した流れのなかにも、なにかしら人のぬくもりのようなものが感じられるのではないでしょうか。

この記事をシェアする