別れさせ屋の工作が失敗するパターンとは

別れさせ屋の工作が失敗に終わる原因には、いくつかのパターンがあるようです。よほど悪質な業者でない限り、成功させるためにあらゆる手段を講じて、調査と特殊工作を積み上げていくものですが、時としてある要因が生じてしまうことで、残念な結果に終わってしまうようです。はたして、それはどのようなことなのでしょうか?ここでは、その失敗例を参考にして、正しい業者選びと依頼者が絶対してはいけないことを紹介しましょう。

依頼者の金銭・時間が理由

契約時の内容にもよりますが、別れさせ屋にかかる費用は調査や工作の回数と期間によって、かなり違ってきます。契約期間内で無事に終了すれば、何も問題はないのですが、思ったとおりに工作が進まず契約を延長しなければならなくなった場合は、別途に追加費用がかかってしまいます。無制限に費用や時間を費やすことが出来れば、成功率もかなり上がってくるはずですが、20代30代といった経済的に余裕がない依頼者には、そう簡単に決められるものではありません。

別れさせ屋の失敗例を調べてみると、依頼者の金銭・時間が不足したことによって、諦めざるを得ない状況に陥ってしまう場合が少なくないのです。どんなに緻密に作戦を練って想定していたとしても、人間相手の工作には予期しきれないハプニングは付き物です。「あと一押し!」というところで契約期間が切れてしまった場合でも、契約を延長すれば当然ながら費用や時間がさらにかかってしまいます。

それまでに、高額の費用をかけてしまっているので、これ以上はもう無理だと判断した時には、依頼は終了して、別れさせ工作は失敗ということになるのです。新しい人生を切り開くために、そのきっかけになればと考えて、別れさせ屋に依頼することを決心したはずが、期待した結果を得られなかった場合でも、その費用は払わざるを得ません。

どんなに優秀で経験豊富な業者であったとしても、100パーセントの成功率を誇るところは絶対あり得ません。それでも、どうしても別れさせ工作を依頼しようとする場合は、あらゆるリスクを十分に理解し、たとえ成功した場合でもその代償が高くつくのだと覚悟を持った上で、依頼するべきことなのではないでしょうか。

依頼者の行動が変化する

別れさせ屋の工作が失敗する原因のひとつに、依頼者自身が問題となるケースもあるようです。ご存知のとおり、依頼するためには高額な費用がかかるので、依頼者もそれなりの覚悟と決心を持って事に臨んでいるはずです。当初は、溜まりにたまった悩みや不安を打ち明けることが出来て、その開放感から前のめりに工作に乗り気になっていても、調査や工作が進んでいくうちに心変わりするケースがあります。それまで気づかなかった対象者の一面を知ることによってふと我にかえったり、行なわれる工作に対して罪悪感に苛まれてしまったりして、依頼を継続する意味が見出せなくなるのです。この場合は、依頼者の希望により途中で工作を中止してキャンセルすることが出来ますが、当然ですが規定のキャンセル料や違約金を支払う必要があります。

また一方で、依頼後に意識しすぎて自然に振舞えず、普段通りに生活することが出来ないといったことが問題になる場合があります。情報収集のために執拗に詰問したりすると、かえって怪しまれることになり、工作がスムーズに進められなくなってしまいます。

このような依頼者の行動の変化は、工作を失敗させる大きな要因になるので、努めて普段と変わらない生活をおくることと、依頼を感じさせるようなものを対象者の目に触れさせないことは、絶対に守らなければなりません。どんなに優秀な工作員をもってしても、依頼者の協力と正しい立ち振る舞いがなければ、成功に結びつけることはできません。

別れさせ屋の工作を、失敗に導いてしまいかねない心変わりも態度の変化も、別れさせ屋に依頼しようと決心したときに、絶対揺るぎないものであると、覚悟しておくべきであることは言うまでもありません。

まれに別れさせ屋が工作を失敗する

残念ながら、別れさせ屋の工作を失敗に導く要因は、依頼者だけにあるとは限りません。ごく稀ですが、別れさせ屋が工作に失敗することがあります。あまり優秀でない業者に依頼した場合、監視や追跡に失敗して重要な場面を見落としてしまうこともあるようです。たとえば、費用を抑えるために工作員をケチってしまうと、対象者の行動パターンが把握できていない段階では、予想が出来ないことも多く、対応しきれない結果になってしまいます。

さらに初歩的なミスでは、尾行に気づかれてしまったり不自然な接触で怪しまれてしまったりすると、対象者にばれてしまうので、高額な費用をどぶに捨てるようなものです。依頼する上で、かかる費用は依頼者の生活に密接な問題となりますが、業務の性質上成功に結びつけるための費用対効果は、切り離せないものだといえるでしょう。

また、どんなに優秀な業者に依頼した場合でも、対象者の性質によっては工作が上手くいかない場合があります。たとえば、あまり外出をしない人では、尾行や監視に長けた工作員であっても、手腕を発揮することが出来ません。さらに、警戒心が強く工作員の接触を頑なに避ける場合も、工作を進めることがかなり厳しくなってしまいます。

どちらのケースにおいても、まったく成す術がないわけではありませんが、信頼を得るまでにかなり長い期間を要するために、費用がかかりすぎてしまう結果になってしまいます。このように、別れさせ工作が上手く運ばないケースは、依頼する業者のスキルもあれば、対象者が原因となる場合があります。あらゆるリスクを想定したうえで、「失敗することもある」という覚悟を持って、依頼することが重要なのかもしれません。

まとめ

高額な費用をかけて別れさせ屋に依頼をしても、失敗に終わることはないとは言えません。どんなに強い意志と覚悟を持ってしても、経済的な理由で断念せざるを得ない場合もあれば、心変わりをして依頼を続けることに意味を見出せなくなってしまうことだってあるはずです。高い授業料だといわれるかもしれませんが、最終的に判断するのは依頼者自身であり、結果はどうであれ何かを変えようとした努力は、これから先の人生においてきっと報われる時があるはずです。

この記事をシェアする