ストーカー対策の別れさせ工作とは?

ストーカー対策は、いまや法整備による警察の介入が急がれる、社会問題のひとつになっています。ストーカーとは、付き纏いをする人のことを指しますが、その原因として、精神的な疾患による恋愛妄想や、相手の意思は関係なく自分の恋愛感情を一方的に押し付ける人格障害がもとになっているといわれています。また、純粋な恋愛感情から、悪気なく待ち伏せしたり付き纏ったりしてしまうことも多く、犯罪としての線引きが難しい問題でもあります。ここでは、この問題に対して別れさせ屋が出来る工作について紹介します。

ストーカーは甘く見ない方がよい

人との出逢いには別れは付きもので、どんなに思いが強くても相手の気持ちを慮れば、泣く泣く身を引くのが正しい人間の姿だと思います。けれども、ストーカーの多くは、相手の感情は一切おかまい無しに、自分の気持ちを一方的に押し付けて、関係を継続させようとしてきます。

被害者が関係を断ち切ったつもりでいても、執拗に電話やメール送り続けたり、待ち伏せや付き纏いなどの迷惑行為を繰り返したりします。はじめはそれほど重大なことだと思わずに、そのうち諦めるだろうと思って放置していると、気がつくと日に100件以上の不在通知やメールが残されていて、自宅や職場周辺で頻繁に見かけるようになったら、それはもう立派なストーキング行為といわざるを得ません。

妄想や思い込みが強いために、はっきりと拒否の意思を伝えても自分に都合よく解釈するので、迷惑していることが理解できなくなっているのです。百歩譲って、まだここまでなら面倒な人と関わりあってしまったと思って、第三者を介して理解させることも可能かもしれません。それでもなを、迷惑行為を続けるようであれば、警察に相談するなどして、その行為が法に触れることであることを知らしめなければ、どんどんエスカレートしてしまうのです。

最も危険なのは、愛情が憎悪に変貌してしまった時に、危害を加えようとすることにもなりかねないので、引越しを余儀なくされたり職場を変えたりと、身を隠すために実生活にまで影響を及ぼしてしまいます。別れさせ屋は、このようなストーカーに有効な手段を発揮できる方法をもって、友人知人や警察では処しきれない事案を解決してくれます。ストーカーを甘く見てはいませんか?侮っていては、身を滅ぼすことにもなりかねません。

別れさせ屋が行うストーカー対策とは?

別れさせ屋が行なうストーカー対策には、いくつかの方法があります。依頼を受けるとまずはじめに、依頼者の周辺調査や尾行や張り込みにより、加害者の特定や被害の実態を把握して、行為の一部始終を撮影するなど証拠として確保します。まれに、被害妄想からストーキングされていると勘違いをしてしまっている場合もあるので、実際に被害にあっているかどうかを確認する必要があるのです。証拠が確保できれば、「ストーカー規正法」が適応されるので、警察に相談すれば警告をしてもらえて、警告に応じない場合は1年以下の懲役か100万円以下の罰金を課すことができます。

だからといって、すべてが解決したとは言い切れないのが、この問題の厄介なところなのです。加害者によっては、通報され警告されたことに逆上して、さらに狡猾な方法で、ストーキング行為をエスカレートさせる場合があるからです。これまでに、世間を震撼させた重大事件に発展したケースも、被害者はただ手を拱いていただけでなく、警察に相談し身を隠していたにもかかわらず、悲惨な結果に至っています。

こうならないためにも、別れさせ屋が行なう対策として、警察を介入させたり無理に引き離したりするのではなく、特殊工作員を接触させることによって、別の異性に興味を待たせるなどして、加害者の気持ちを自然な形で心変わりさせるように、仕向ける工作を行なうケースも可能です。また、このような依頼に関しては、たとえ解決しても依頼者の不安が拭いきれないケースが多いため、その後の行動や様子を見守るアフターサービスもしてもらえます。

被害にあっていると感じたときには、一人で悩んだり解決しようと試みて状況を悪化させたりすることがないよう、信頼できる業者に相談してみるのが、解決につながる糸口になるはずです。

ストーカー対策の費用は通常と違うの?

別れさせ屋の費用は、自然な形で別れさせる手段を滞りなく行なうための調査や工作を、緻密に積み重ねて進めていくので、人件費や経費がかかってしまい、どうしても高額になってしまいます。業者によって別れさせ工作の様々なプランがあり、それぞれの状況や形態によって費用や期間が違ってくるので、ストーカー対策だけが、突出して高額になるとは一概にはいえません。

けれども、この問題の性質上刑事事件に発展しかねない案件なので、加害者に気づかれないよう慎重に物事を進めていかなければならないために、あらゆる面に細心の注意を払わないといけません。確たる証拠を掴むための周辺調査や張り込みと、異性の工作員を接近させることで心変わりさせる工作をするためには、それなりの回数が必要になることが予想されます。

加害者に少なからず理性が残っていて、証拠を掴んだ段階で話し合いに応じることが出来れば、犯罪を犯していることを自覚してストーキング行為をやめる場合もあるかもしれませんが、調査の結果話し合いで解決できないと判断された場合は、次の段階に進まなければなりません。通常のケースと、単純に比較することは出来ませんが、別れさせたあとの加害者のその後の行動観察や、依頼者の精神状態や通常の生活が送れているかなど、アフターサービスが必要となるために、長い期間を要するものとなります。

世間を震撼させている事件を鑑みてもわかるように、ストーカー対策は、たとえ警察が介入しても簡単に解決するのが難しく、当事者だけでなく家族や周囲にまで悪い影響を及ぼしかねない問題であることを、十二分に理解したうえで取り組まなければならないのではないでしょうか。

まとめ

別れさせ屋が扱う工作の中でも、ストーカー対策は最も困難を極めるにもかかわらず、結果によってはその手腕を問われる問題なのかもしれません。どんなに優秀で経験豊富な業者であっても、加害者の心の奥底に潜んでいる闇を理解することは、とても難しいことです。けれども、人の命やこれからの人生を、お金に換算することはできません。もし、苦しい胸の内を打ち明けることで、解決の糸口を見つけることが出来るのであれば、まずは信頼できる業者に相談することから始めてみませんか。

この記事をシェアする