ストーカー対策に別れさせ屋は有効?

別れさせ屋の業務として、ストーカーに対してどのような対応が取られているのでしょうか。ストーカーは、元恋人や一方的に思いを寄せる人から、執拗な付き纏いや待ち伏せなどのほか、無言電話やリベンジポルノまで、様々な迷惑行為が行なわれることです。世間を騒がせた凶悪事件の経緯を見ても、被害者は何もしなかったわけではなく、警察への相談、家族や友人の協力を得て身を守る処置が取られていました。別れさせ屋では、依頼者の身を守るために、様々な工作をおこなって早期解決を目指しています、

別れさせ屋で行われるストーカー調査とその方法

あんなに愛し合っていた二人が、何故こんな状態になってしまったのか?恋愛において心変わりは付き物です。通常なら、未練を残してもなんとか克服して、次の恋愛へと気持ちを切り替えるものです、けれども、時として深い愛情はいつしか思いもよらない愛憎に変わって、相手の迷惑も顧みず迷惑行為を繰り返してしまうのが、ストーキング行為だといわれています。

付き合っているときには、優しさや思いやりだと好意に受け取られていたことも、気持ちが醒めてしまうと、ただうんざりしてしまうようなお節介や、迷惑行為でしかなくなってしまうのです。別れさせ屋では、工作を行なう前に依頼者と対象者の情報を、どんな些細のことでも出来るだけ多く集めることが、最も重要だとされています。なぜなら、集めた情報から対象者の自宅や職場を基点に尾行調査や接触工作をして、行動パターンや人となりを特定し解決法を決めていくからです。

ある統計によると、ストーカーの60%以上が、以前は依頼者と恋愛関係にあり、幸せに過ごした時間を共有しているのです。また、ストーカーとなった後にも、好意を持ち続けて復縁を願う場合が半数以上もあり、別れたことへの怨恨で嫌がらせをするケースよりも多いのが、解決をより困難にしているのではないでしょうか。

前述のとおり、担当者が事前に行なう聞き取り調査では、依頼者からの正確で詳細な情報提供がとても重要となります。自分にとって都合が悪いことや恥ずかしいと思うことを、黙っていたり嘘をついて誤魔化したりすると、そうなってしまった原因の本質が見えてこないし、解決に至らないことにもなりかねません。そう考えると、依頼者の重い口を開かせ真実を語らせるのも、別れさせ屋の調査手腕にかかっているのでしょう。

なぜ別れさせ屋でストーカー対策が実施できるのか

多くの別れさせ屋は、ストーカー対策の相談を受けた際には、まず身内の人や警察に相談して解決を試みることを勧めたり、撃退案を提示したりなどして、それでも解決できない場合に本格的に着手するようです。その道のプロが行なうストーカー対策は、情報を収集して実態を調査し、状況にあった撃退法を作成して、別れさせ工作に至るといった手順が取られます。

中でも、聞き取り調査や尾行による情報収集が、成功を収めるための最大の鍵になるので、時間をかけてじっくりと行なわれます。迷惑行為や嫌がらせや付き纏い行為にいたるには、目に見えるものより深刻で根深い執着心があるケースも少なくないので、方法を間違えると高いリスクを負う結果にもなりかねません。

時代背景を映し出しているものでは、スマホの急激な普及にともない、興味から軽い気持ちで利用した出会い系サイトがあります。ちょっとした遊び心のつもりの出逢いでも、双方に寄せる気持ちの温度差から、生み出されるストーカーがいることも否めないのです。このような場合、調査を進めてみると、知らされていた人物像と対象者本人の実態が大きく異なり、虚構のなかにいたことに呆然とするケースもあるようです。

こうして、現実を直視できるのも、限られた情報の中でも地道に調査を重ねて得られた成果のおかげで、別れさせには大きな効果を発揮します。最近では、重大な社会問題としてマスコミで注目され、もっと警察が介入できるような法改正を求める声が高まっています。けれども、いずれ法律の規制が強まって、被害にあう人が少なくなったとしても、今現在苦しんでいる人を本当の意味で救えるのは、別れさせ屋なのかもしれません。

別れさせ屋をストーカー対策で利用してはいけない事例

この問題を解決するうえで最もネックになるのは、自分のまわりで起こっている事象が、本当にストーキングであるかどうかを冷静に判断することが、一般人にはとても難しいということです。世間を震撼させるような事件が起こると、似たような事例に対して恐怖心が高まり敏感になりすぎた結果、被害妄想に取り付かれてしまうケースも多いのではないでしょうか。かといって、思い過ごしだと過小評価してしまい、物事を軽視して放置していたために、相手の行為をより悪化させてしまっては、取り返しの付かないことになってしまいます。

そんな時はまず、家族や信頼できる友人に相談して、意見を聞いてみることも大切です。そのうえで、警察に相談してみて解決しないようなら、プロの手に委ねてみるのが正しい順序だと思うのです。実績も多く経験も豊富な別れさせ屋では、相談の過程でストーキングの程度や緊急性を判断してくれるので、利用するべきではない事例に関しては、まず対処法のアドバイスをして経過観察を進めてくれるはずです。

ストーカー対策は、たった一つの判断のミスでも、対象者を激怒させて被害をより大きくしてしまったり、気づかれて所在が掴めなくなってしまったりすることもあります。その結果、悪くすると凶悪な犯罪者に変貌させてしまうことにもなりかねません。そういった意味でいえば、本当に考えなければならないのは、ストーカー対策で利用してはいけない事例よりも、どんな別れさせ屋に問題の解決を依頼するかということのほうが、重要なのではないでしょうか。依頼してしまうと問題が解決してもしなくても、高額な費用がかかるのだから、確実に成功に導いてくれる人を見極める目も必要です。

まとめ

現代社会において重大問題といえるストーカー対策は、解決に向けて高まる世論を受けて、規正法を強化する方向に歩を進めつつあります。けれども、いまこの時間にも、執拗な迷惑行為に悩み苦しんでいる人が、確実にいるのも事実です。別れさせ屋は、残酷な悲劇を繰り返さないために、有効な対策を講じるための調査を地道に続け、綿密な工作を繰り広げています。一人で悩んでいないで相談してみると、解決の糸口が見つかるかもしれません。

この記事をシェアする