成功事例から知る!別れさせ屋の工作方法

別れさせ屋を利用する人は、誰かと分かれたい人もいれば、誰かを別れさせたい場合もあります。一般的に、捨てられたという思いや、別れさせられたという被害者意識は、人を恐ろしいほど変貌させて、復讐心を生じさせてしまいます。その点プロの別れさせ屋は、依頼者の存在を匂わせることなく、あたかも本人の意志で別れたいと思わせるよう仕向けてくれるので、未練や怨念を残すことがありません。さて、その成功例とはどのようなものなのでしょうか。

別れさせ屋が実際に行っている工作・テクニック

人との別れに当事者が表面的に関わってしまうと、別れるどころかかえって拗らせてしまいます。未練を残したまま無理に別れたリ別れさせられたりすると、行き場のない気持ちはやがて怒りに変わり、迷惑行為をするまでに復讐心を増大させてしまいます。別れさせ屋の仕事は、依頼者は普通に生活をしていれば、その裏側で工作を行なってくれるので、自分の手を汚すことなくトラブルを解決してくれるのです。

たとえば、離婚を渋る相手に対しては、異性の工作員を接近させることにより自然に恋愛感情を生じさせて、一刻も早く離婚して人生をリセットしたいと思う状況を作り出します。そうなれば、多少不利な条件でも離婚に応じようとするし、自分にも後ろめたさがあるので余計な詮索をされずに済みます。

次に、子供の交際相手が気に入らなくて、別れさせたいと依頼して成功した例です。親御さんは将来を憂いて、何度も別れるよう説得したのですが、一向に聞き入れようとしないばかりか、疎遠になってしまっていました。子供の行動パターンを調査したうえで、頻繁に通う行きつけの店で接近して親しくなり、少しづつ相手の印象が悪くなるような話を吹き込んで、心変わりするように仕向けた結果無事に別れさせることに成功しました。このケースでは、相手側に工作員を送り込んで振られるように仕向ける場合もありますが、それは相談の際に、どのような結末を望むかによって変わってきます。

いずれの場合も、依頼者の関与は一切疑われることはないので、その都度報告を受けながら、蚊帳の外で成り行きを見守っていれば良いというわけです。実際に、別れさせ屋が行なっている工作のテクニックは、一般人には思いもよらないことが満ち溢れているのかもしれません。

別れさせ屋の仕事成功率を上げる要因

別れさせ屋の仕事成功率を上げる要因として最も大事なことは、業者側に依頼者や対象者周辺の正確な情報が、どれだけ提供されているかということです。依頼者の中には、全ての情報を明らかに出来なかったり、言いたくないことがあったりするかもしれません。けれども、どんなことでも包み隠さず話すことで、工作の内容がより効果的になって成功へ近づけるので、どんなに恥ずかしいことでも正直にお話しするべきだと思います。

また、自分ではつまらない取るに足りない事だと思っていても、プロの目から見ると大きな手がかりとなるようなエピソードもあるので、思いつく限り丁寧に情報を提供しましょう。その次に成功に導くために大切な要因は、依頼者と工作員の連携だといえます。別れさせ工作は依頼者の関与を匂わせることなく、密かに粛々と行なわれているので、変に意識したり不自然な行動を取ったりすると、かえって怪しまれてしまい、せっかくの工作に水をさす結果になってしまいます。せっかくプロにお願いしたのだから、余計な気遣いはやめて、大船に乗ったつもりで、変わらない日常生活を送るよう務めることが、成功に結びつかせるための正しい姿勢といえるでしょう。

とはいっても、人の心は思うようにコントロールできるとは限りません。不安や後悔はつねに付きまとってくるかもしれませんが、そういった気持ちも一人で抱えようとせずに、相談することで解消できるように、担当者の人と連絡を取り合うことも大切です。別れさせ屋は、前もって現場に赴いて、様々な可能性のシミュレーションを行なっています。たとえ不測の事態が起きたとしても、決して場当たり的ではなく最善の方策がとれるよう、訓練された工作員が対応しているのです。

別れさせ工作の成功率を上げるために依頼者ができることとは

一般的に別れさせ屋の工作には、依頼者は関与しないというのが当たり前となっています。けれども、あまりにも無関心でいると、気づかないうちに工作の邪魔になってしまうこともないとは言えません。そうならないためには、任せきるだけでなくきちんと情報は収集しておいて、工作の流れは最低限把握しておく必要があるのではないでしょうか。また、工作期間が長引いた場合、工作により依頼者や対象者の周辺の状況や心境に、変化がみられることも考えられます。

工作員といえども、全ての状況を把握するのは不可能なので、その都度連絡を取って報告するのも、依頼者にしかできないことです。担当者は、もたらされた新しい情報を加味しながら更に工作を練り直して、成功に向けて任務を遂行してくれるでしょう。場合によっては、工作の場面に出くわすことがあるかもしれませんが、邪魔にならないように気をつけて、出来る限り自然に振舞うようにしてください。誰にも気づかれないよう、あくまでもエキストラとして、目立たず効果的な背景としての役割を果たすのが、重要なポイントとなるのです。

このように、依頼者ができることは、工作の基礎を築く上では重要ですが、表に出ず縁の下で支える役割でなければなりません。ただ、そうできるためには、依頼した別れさせ屋を、心から信頼していないと出来ないのではないでしょうか。親兄弟でもなく、古くからの友人でもない他人と、一つの目的に向かって共に歩んでいくのだから、短い時間で築ける信頼関係がないと、成功には結びつかないはずです。

誰にも言えなった苦しみや、恥ずかしい経験を吐露できた信頼に値する人。トラブルを解決するために一緒に闘う仲間として、どんなことでも話し合って強い絆を作り上げてください。

まとめ

別れさせ屋の工作は、依頼者から提供された情報をもとに、さらに調査を重ねたうえで緻密な特殊工作が練られていきます。けれども、その工作を成功に導くためには、依頼者自身の協力もなくてはならないものとなります。高額な費用を支払っているからといって、任せっきりにしたり、無関心を装って高みの見物を決め込んだりするのではなく、工作の進捗状況をきちんと把握することや、近況報告を欠かさないよう気をつければ、きっと新しい未来が開けるはずです。

この記事をシェアする