別れさせ屋を格安で済ます方法

元彼とより戻したいので、新しいパートナーと別れてほしい…。こんなとき、別れさせ屋が大いに活躍してくれます。とはいっても、これらのサービスはリサーチやある程度の人員を必要とするので、高額な費用が発生してしまうのがネックです。企業や地域によって相場は異なりますが50~200万円程度発生し、追加オプションや期間延長を行うとさらに費用が膨れます。そんな別れさせ屋ですが、格安で済ませる方法があるのです。そのコツを紹介していきたいとおもいます。

格安にするためのポイントとは?

別れさせ屋を格安で利用するには、まずサービスの本質を知らなければなりません。このサービスはまずターゲットの行動パターンや嗜好をリサーチします。その上で、この日だとおもった日にアプローチをかけるのですが、これらをおおよそで構いませんので個人で把握しておきましょう。それだけでも費用がずいぶん違います。

そしてもう一つ重要なのが、複数の企業へ見積もり依頼をだしておくことです。この業界は広いようで狭く、1件の客単価が高いのでできる限り顧客を離したくないとおもっています。そのため、他者と比較し交渉のテーブルを作ることで、格安になる可能性があります。近年ではメールのみならず、アプリを使って見積もりが取れるので時間や手間をかけません。

格安にするためには何をすればよいのか?

できる限り、自分で調査の土台を作ってあげることで、別れさせ屋の費用を抑えることができます。例えばターゲットの行動パターンをある程度把握、1か月単位で記録しておくことでアプローチに向いている日・そうでない日がわかります。これらのサービスは基本的に、日数が超過するとかなりの追加料金が発生するので、何もわからずに漠然としているよりも、ある程度のパターンを把握しておくと調査がスムーズになります。

もう一つ、忘れてはいけないのがどのくらいの人員が動いているのか把握することです。2名が10日動くのと4名が10日動くのでは、簡単に考えて人件費や交通費は倍です。プランに明記されていなくとも、打ち合わせの時点でしっかりと確認することで無駄な費用をカットできます。

情報収集する際の注意点とは?

ターゲットをリサーチする際に、重要なのが情報の精度とターゲットに怪しまれないようにすることです。別れさせ屋が一番嫌がるのが、疑われている状態での工作です。成功率が下がるのはもちろんのこと難癖をつけられたり、評判を落とされたりすることを最も嫌がります。そのため、情報収集はできるだけ自然に行い、相手に踏み込み過ぎないようにすることが重要です。

また自分で収集した情報がすべてだと思わずに、別れさせ屋に提出する際に、参考程度になればというスタンスがよいですね。これらを守ってリサーチをすれば、ターゲットにも怪しまれずに自然な形で依頼ができるといえます。もちろんリサーチが難しい場合は、すべて企業へ依頼しても問題ありません。

まとめ

費用をできる限り抑えて別れさせ屋へ依頼をしたいという方は、まず自分でできる範囲でよいのでターゲットの行動パターンをある程度把握しておくことです。また依頼の際に発生する人員や交通費、宿泊費を確認することで、費用を無駄にすることはありません。逆をいうとプランを明確にしない、またはこちらのリサーチ内容を聞き入れてくれない場合はあまり良い企業とはいえない可能性がありますので、注意する必要があります。これから別れさせ屋に依頼をする方は参考にしてみてください。

この記事をシェアする