夫婦を別れさせる方法は?夫婦の関係が大事!

世の中にはいつまでも仲の良い夫婦、なぜ一緒になったのかわからない夫婦が居ます。その中に「別れさせやすい夫婦」は居るのでしょうか。夫婦にとって自分の足かせにならない離婚を望んでいます。キーワードは、子どもとすれ違いです。方法としては、心理誘導が中心になりますが、偶然を装い証拠を見せる方法があります。また離婚で不利にならない方法を依頼者や相手にアドバイスすることがあります。それが別れさせ屋のプロの仕事です。依頼する際に自分が取るべき行動はあるのか考えてみましょう。

別れさせやすい夫婦とは?

仲の良い夫婦が居ると思えば、片方ではあっさり離婚した話を聞きます。世の中には、なかなか別れない夫婦と別れさせやすい夫婦が居ます。その差は何だと思いますか?考えられるケースとして、子どもが居ないことです。子どもが居れば、別れない理由に充分なり得ます。養育や金銭の問題が発生するからです。2人だけなら、お互いの意思次第で離婚ができます。別れさせやすい条件として子どもの存在は大きなウエイトを占めています。子どもが居ても時間をかけずに離婚する人はいますが、お互いにそれだけ別れる原因がある場合に限られます。

2人をつないでいるのは愛情です。愛情を外へ向ける方法で離婚へ導きます。別れさせやすいもう1つのケースは、お互いが経済的、精神的に自立していることです。現代は共働きが普通になっているので夫婦が一緒に過ごす時間が減っています。会話が少なくなれば、お互いに何を考えているのかわからなくなって当然。それがいつの間にか、生活のすれ違いとなり顔を合わせても挨拶程度で口も利かない状況になっています。経済的に自立している人は、精神的にも自立している人が多いようで、1度できてしまった距離と心の溝は、よほどのきっかけがない限り修復されることはありません。

すれ違いはお互いの感情を見なくなり、相手を思いやる気持ちを忘れてしまいます。心が離れてしまっているので、別れさせやすいしダメージも少ないはずです。結婚生活がうまくいかなかった理由の中で「お互いが忙しすぎて、生活にすれ違いがあった」が多く、どこかで聞いたことがある言葉です。やり直そうと話し合いをしても、自分が歩きたい道は譲れない、どちらも相手のために妥協はしなくなり意見が交わることはなく平行線が続きます。一緒に居る意味がなくなれば、お互いが別れることで納得する方法を取ります。せっかく一生を添い遂げるつもりで結婚したのに、別れることになった本当の理由は、本来なら当事者である本人にしかわからないのかもしれません。離婚には気力と体力を使うと言いますが、お互いがやり直しやすい方向で別れるのがベストな選択だと言えます。

自分が取るべき行動

別れの依頼先はもちろん別れさせるプロの集団です。中でも夫婦の心理を動かすプロ集団は特殊に見えるかもしれませんが、費用を出してサービスを受けるのは一般的な企業と変わりません。費用を出すのはこっちなんだからと、全部を業者任せしていませんか。どんなサービスでも、準備できることがあるはずです。工作を遂行するには、綿密な打ち合わせのもとに行われます。経験や実績があるプロ集団ですから、依頼するあなたにとっては成功への期待が高まるプランであることは間違いありません。限りなく100パーセント成功に近づけるためには、業者が工作をしている間にあなたの気持ちを一定に保つことが肝心です。

心を変化させるには、思っている以上に手間がかかります。劇的な変化がなくても、目に見えないところで工作が進んでいます。楽しいことは時間が過ぎるのが早いように、悶々と過ごす時間は流れが遅く感じることがほとんどです。これは別れさせる工作に限らず、時間の感じ方が遅いと焦りになり前向きな気持ちを保つのが難しくなります。自分にできることはないかと行動に出る方がおられるかもしれませんが、ここはプロにお任せしてグッと我慢。あなたの内面を磨いて、生まれ変わるつもりで自分と向き合ってみてください。焦りの中では、周りがよく見えていません。

第三者に客観的なアドバイスをもらうのも1つの方法です。あなたとの距離が近い友人に指摘してもらっても良いでしょう。気持ちが前向きになれば、表情が変わります。別れさせ屋の工作は情報戦です。事前に提出する情報量が多いほど工作しやすくなります。詳しい情報を集めるためにいつも以上に行動してしまうと、疑われたり工作前にバレることがあります。表に出さないように気を付けていても、普段ならしないような仕草や話を無意識にしてしまうのが人間です。何気なく話した会話で勘付く人が居ます。これまでの人付き合いの距離感を意識的に変えるのは避けるようにしましょう。工作には情報が必要だとお話しましたが、業者を選ぶにあたり伏せておきたい現状もあると思います。情報があるかないかであなたや相手に適切な工作になるかの「質」が左右されることになります。また逆に自分の感情論をぶつけても良い工作案は生まれません。本当に相手の夫婦を別れさせる方法を求めるなら、少し離れたところから自分を見つめる冷静さが必要になるでしょう。

夫婦を別れさせた事例

どこにでも居そうな夫婦が、気付けば離婚していたという話は最近では珍しくなくなりました。別れる選択をしたのが当事者同士であっても、きっかけを作ったのはもしかしたら別れさせ屋によるプロの所業かもしれません。ここでは、夫婦を別れさせた事例を見ていきたいと思います。社内恋愛が比較的オープンに行われている職場では、時折不倫の現場を見ることがあります。とある量販店の社員と派遣社員の不倫。依頼者は派遣社員である彼女でした。彼は妻子持ち、依頼者は独身ではなくこちらも既婚者。彼と違うのは、彼女には子どもが居なかったことです。依頼の内容は「妻子持ちの彼を別れさせてほしい」でした。彼とは将来的に一緒になりたいとは思っていますが、奥さんが離婚に応じてくれないそうでこれ以上の進展が見込めません。

依頼者も既婚の立場ではあるものの、すでに現在の旦那さんから気持ちが離れており別れる準備を進めているとのこと。彼の奥さんに女性工作員を近づける方法を取りました。工作員が量販店に同じ派遣社員として勤務し、自然な形で接触。たわいもない話から信頼関係を築き、家庭の話を聞き出します。奥さんが離婚に応じないのは、子どもが小さいのと経済的な問題でした。養育費や子育ての環境が整うのを第1に考え、アドバイスをすると離婚に応じました。

もう1つは、子育てに関する価値観のズレから旦那さんが依頼をしてきたケースです。奥さんは自営業をしていて、忙しい日々を送っておられます。経済的、精神的にも自立した女性で子どもは3人居ます。依頼者である旦那さんも働いており、何も問題がなさそうに見えましたが、依頼してきたときの旦那さんは家にはすでに寄り付かず、外に別の彼女が居ると話していました。奥さんに離婚を申し出たいのだけど子どもの親権のことがあり、自分が不利な立場になるので、少しでも有利な離婚になるようにしてほしいという内容でした。旦那さんの話だけを聞けば、身勝手な相談だと感じましたが、奥さんにも外に良い人が居るのではないかと前から疑っており聞き出せないままになっていたそうです。

工作員が身辺調査を行ったところ、旦那さんの勘が正しかったようで奥さんが経営するお店へ頻繁に顔を出し、お付き合いをしている男性が居ることが判明しました。奥さんのもとへ工作員をお客さんとして近づかせ、ただの常連さんから趣味を通じて友人に昇格、親しくなる方法にしました。もともと子育てに対する価値観のズレから拗れてしまい、まともに向き合って話をする雰囲気ではなかったので工作員が話し合いの場をセッティングしました。親権の問題も、お互いに納得がいく形で納まり旦那さんの依頼通り、不利にならない離婚に落ち着きました。

別れさせ屋に相談!

依頼で舞い込んでくる相談の中身には、夫婦関係が泥沼化したものや身辺整理を行えばすんなり別れるケースまで様々です。似たような工作内容はあっても、依頼者に合わせてプランを練りますので同じものはありません。別れさせ屋のプロ集団は、あなたがどうしたいのか相談に乗ってくれます。別れの専門業者を検索すると、たくさんの業者の選択肢があります。良い業者はあなたの悩みを受け止めてくれて、間違っているところは指摘し、適切な別れさせる方法を提案してくれる業者のことです。

何でもあなたの言うままに動いてくれる業者ではなく、冷静な判断ができるよう導いてくれるのが本当ではないでしょうか。数があれば、お金だけ出させて何もしない悪質な業者が存在します。どの業者が信用できるか判断するためにも、相談して悩みや望みを打ち明けることから始めましょう。別れの工作には、遂行しやすい時期があるのをご存知ですか?また婚姻期間が短いか、長いかによっても工作の中身を変えていきます。どの方法が絶対だと言い切れない部分があるからこその別れさせ屋プロ集団の存在だと思います。婚姻期間が長くても、夫婦関係が複雑になっていたとしても突破口は必ず見つかります。思い悩む時間を、別れのエキスパートに委ねてみてください。

まとめ

世の中の別れさせやすい夫婦と言われているのは、子どもが居ないこと、生活にすれ違いがあることです。子どもが居ない場合は、当事者2人の話し合いで済みます。両親が話に入るケースもありますが、別れやすい環境を整えるのも別れさせ屋のプロの仕事です。生活にすれ違いが多いのは、お互いに忙しく経済的にも精神的にも自立しているパターンです。どちらも離婚を言い出さず、または言い出せずにいる場合は背中を押すことで事態が動き出します。別れさせるにあたり、自分が取るべき行動としては別れる方法を探るのではなく、業者に任せている間に気持ちの整理と冷静さを保つことです。待っている時間が長く感じ、焦りも生まれます。どうにかしたいと動きたい気持ちをグッと我慢して、自分を磨く時間に当てましょう。世の中には様々な夫婦の別れた事例がありますが、似た工作があっても中身は1つ1つ違います。あなたが提供する情報と、相談する内容次第で方法が変わります。前向きな一歩を踏み出すために、プロの別れさせ屋はあなたからの相談を待っています。