遠距離相手と別れたいなら別れさせ屋が便利

遠距離相手と交際を続けるというのは大変難しいことです。例え強い信念をもって遠距離恋愛を選んだとしても、環境や将来に対する不安など、当事者を取り巻く環境は刻々と変化します。その変化に対応し、二人の仲を続けるというのは至極困難なことなのです。遠距離相手とうまくいかなくなったとしても、それはむしろ、続けてこられた自分をほめてあげるべきことでもあると思いましょう。そのうえで、別れたいという場合には、なるべく傷を浅く、つらい思いをしない方法を選ぶのが賢明です。そこで別れさせ屋を活用するのがオススメというわけです。でもなぜ別れたいときに別れさせ屋を活用するべきなのか、詳しくご紹介していきます。

遠距離相手とは長続きしない?

遠距離恋愛を続けている方に聞きましょう。どうですか、寂しいですか。もし、寂しいと答えるのなら、正直申しまして、悲しいことですがその連距離相手とはうまくいく可能性が低いでしょう。恋愛において、寂しいという感情が生じるということは、相手との関係や温度に差があるということです。自分の気持ちが満たされていないということです。聞きたくない気持ちがあるのも分かります。

しかし、冷静に見てどうでしょう。ご自身でも、その恋愛が長続きしづらい、また別れたいという感情が少なからず芽生えることがある、そんなことはないでしょうか。周囲の友人が、恋人と楽しい時間を過ごせる環境を見て、羨ましいと思うことがあったり、話したいときに相手と会えないことが苦痛に感じる方には、遠距離恋愛は向いているとは言えません。

もちろん、世の中には遠距離恋愛でも結婚に至るなど、幸せな結末を迎えるカップルも多くいます。こうした人たちは、距離を気にしない、また自分の時間をしっかりと持っているため寂しいと感じることが少ないという場合が多いようです。ですから、冒頭でご質問させていただいた寂しいかという質問にも、「たまに」ないしは「あまり寂しいと感じることがない」と答える場合が多いようなのです。これは恋愛関連の相談を多く受ける別れさせ屋での調査結果にも顕著に表れていることです。

つまり遠距離恋愛が長続きするには、相応の精神的環境が必要なのです。精神的な環境というのは、例えばご紹介したように自分自身が没頭できるような趣味や仕事がある、また一人でいることに寂しいと感じることの無い性格などといった場合です。でも、こうした精神的環境にある人は少ないものです。多くの方が、恋人と一緒の時間を楽しみたいと考えるものです。そうなると、たいていの方にとって遠距離は難しいものと言えます。

遠距離相手と長続きしづらいというのは、決して自分に根気がないとか、相手に誠意がないということでありません。寂しさに耐えづらいという精神面での影響が大きいということ、そして多くの人が同じように寂しさに耐えづらく、その結果、遠距離相手とは長続きしづらいものだということなのです。

こんな状況になってませんか?

ではそんな遠距離相手とどうやって別れるでしょう。相手も自分も、もう遠距離に疲れてしまっているという場合、もう二人の間に別れたいという雰囲気が否応なしに流れているときに、別れたいと言わなくても、別れることはもう目に見えているものです。あとはどちらから口に出すべきか、そのくらいでしょう。

ところが、そんな冷え切った環境にある場合でも、どちらも「別れたい」と口に出すのは難しいと思っています。そんなに冷えた関係性にあるのに、情を持つ相手であることには変わりないのです。どちらも「相手から切り出してくれればいいのに」と思いつつ、自分からは言い出せない、そんな状況にあるものです。

また別のケースもあるでしょう。片方の当事者は、遠距離にそれほど苦痛を感じていない、もしくは楽しんでいる様子にある。しかし、もう片方は遠距離に疲れてきている。つらい恋を続けるのは、もう精神的にも疲労困憊で、できれば別れたいと思っている。こんなことは考えたくないが、近場で寂しさを感じない相手と出会いたいという欲も出始めている。しかし、相手にそんなそぶりを感じられず、将来に対する明確な回答もない。だが、自分から別れたいと切り出すのには切なすぎる。そんなこともあるでしょう。

勇気を出して自分から別れを切り出すという方法もあります。でも、ご紹介したように人はなかなか勇気を出しても、タイミングを見計らっても、別れたいと切り出すのは難しいものです。例えば、友人などに協力してもらい、同席してもらって説明するという方法もあるでしょう。また、メールやSNSなどで別れを切り出すという手段もあります。

しかし、どの場合でも必ず「二人で話したい」となれば、避けたかったその状況はやってくるものです。上手に説明する能力がなければ、相手を傷つけることもあるでしょうし、関係性がこじれて大変な思いをする可能性もあるでしょう。つまり難しい恋愛でもある遠距離であっても、別れる場合には十分な配慮が必要になるものということです。

こうしたなか、当事者だけではこじれるなら、プロである別れさせ屋を活用するという方法もあります。

別れさせ屋で状況を改善

別れさせ屋はどうやって別れたいと思わせたり、実際に遠距離相手と別れることに至る方法を選ぶことが出来るのでしょう。まず、そもそも別れさせ屋とはどういった業種なのか、ご存じない方もいることでしょう。別れさせ屋とは、行政庁公安委員会から探偵業の許可を得た民間の業者です。行政の機関から許可を得ているため、いわゆる胡散臭い業態のものではありません。

探偵業の許可を得ているとご紹介しているように、探偵業の一種なのです。探偵業ですから、調査や報告の能力に長けています。その能力を生かし、別れたいけど別れられずにいる困った人たちを救っているのが別れさせ屋ということです。

別れさせ屋は、まず相談者の話をしっかりと聴取します。どうして別れたいのか、また別れさせたいのか、その理由や関係性、どんな対象者なのかを調査します。そしてすぐ別れさせるのではありません。まずは、どんな対象者なのか、相談者の内容と検証しつつ調査を進めます。その調査の段階で、どんな関係性にあるのか、ポイントとなるべき個所はどこか、把握します。この徹底した調査や把握こそ、別れさせ屋の特徴と言えます。そしてこれがあるからこそ、当事者の二人が別れに至らしめることができるのです。

当事者同士では知りえないこと、またどんな盲点や欠点があるのか、プロの客観的目線で冷静に分析するのです。特に遠距離の場合には、盲点が多いものです。そして、そこを冷静につき、当事者の傷が深くなる前に措置を講じます。だからこそ、こじれることなくまた精神的につらい長期化に発展することもなく別れに至ることが出来るのです。

まとめ

遠距離相手との恋愛は誰だって辛いと感じることが多いものです。褒めてあげるのは、そうした辛い環境にある恋愛を続けようと少しでも思った自分の気持ちに対してです。ですから別れたいと思ったとしても、それは当然のことと言っても良いのです。自分を責めることなく、二人が最善の結果に至るためには、より傷の浅い手段を選ぶのが良いでしょう。こうしたことからも別れさせ屋の利用は大変効果的と言えましょう。