遠距離相手に別れさせ屋が使う手段とは?

別れさせ屋に依頼したいターゲットが遠距離相手というパターンは思っているよりも多いです。相手が遠距離にいるぶん自分の力ではどうすることもできないから別れさせ屋に依頼するというケースが多く、当然プロに依頼したほうがはるかに成功率が高いです。別れさせ屋やどうやって遠距離相手を別れさせるのか、実際に成功した方の体験談などをぜひご参考になさってください。

遠距離相手でも別れさせ屋は使える?

別れさせ屋の依頼の中には、「好きな人には付き合っている遠距離相手がいるので別れさせたい」、「配偶者が出張でよく行く他県で不倫している」、「遠距離恋愛中の相手と別れたいけど別れられない」など、ターゲットが遠距離相手というパターンがあります。ターゲットが遠距離相手の場合は行動パターンや交友関係が把握しづらいというデメリットはありますが、基本的に近距離の場合と変わらずに別れさせ工作をすることが可能です。別れさせ屋が遠距離相手のエリアを対象としているかどうかを確認し、対象であれば問題なく依頼することができます。

実際に別れさせ屋のスタッフが遠距離相手の住んでいる現地まで足を運び、探偵のように勤務先や自宅、交友関係や休日の行動パターンを細かく調査し、別れさせ工作をします。基本的に依頼者が現地に行く必要はありません。

遠距離相手の場合はその他の場合と比べて依頼者がターゲットのことをよく分かっていないというケースが多く、その場合は調査に時間もかかってしまいますし、当然料金も高くなってしまいがちです。しかしそれを除けば他にデメリットはありませんので、遠距離相手がいる地域をエリア内としている別れさせ屋を見つけることができたら依頼してみてはいかがでしょうか。

どんな手段で別れさせるの?

ターゲットが遠距離に住んでいる場合でも、基本的な別れさせ工作の流れは同じです。まずは依頼者にターゲットについて詳しくヒアリングします。氏名、年齢などの基本的な情報から、重要な情報である勤務先、よく行く飲食店や普段使っているスーパーなどの行動パターン、家族は同居かどうか、性格、好みのタイプなど、細ければ細かいほど調査がしやすくなります。

遠距離相手の場合、この時点で情報がなかなか出てこないという場合が多いです。依頼者の恋人、配偶者であれば別ですが、ほとんどの場合は相手が遠距離に住んでいるうえ依頼者と関わりがないというケースが多いので、フルネームさえ知らないというケースも多々あります。その場合、別れさせ屋のスタッフが実際にターゲットの住んでいる場所まで行き、調査や尾行をしてひとつずつ情報を集めてくるのです。ここだけが遠距離相手のケースの特殊な部分ですね。

十分にターゲットの情報が揃ったら、いよいよ接触を始めます。ターゲットが飲食店勤務の場合は常連のお客さんとして、趣味でスポーツをしている場合は同じチームのメンバーとして、習い事をしている場合は同じ教室に通うなど、ごく自然な出会いをして、少しずつ距離を縮めていきます。依頼者からターゲットの性格や好みのタイプなどを聞いている場合はできるだけそれに近い工作員が接近します。好みのタイプが分からないという場合も、プロの別れさせ屋が選んだ容姿端麗な工作員を選んでくれるので安心してください。

工作員は同じようなケースを幾度も経験しているプロですので、会話の中で相手の性格や好きな異性のタイプなどを探ることができます。ターゲットの理想の異性を演じ、徐々に心を開かせて恋愛関係になるようにもっていきます。

恋人や配偶者がいる場合でも、その人に比べて容姿も性格もよく、お金も持っていたら誰だってそちらに心が惹かれてしまいますよね。ほとんどのターゲットは工作員と恋愛関係になってすぐ、恋人や配偶者に別れを切り出します。

遠距離相手でも別れさせ工作の手法は基本的に変わりません。じっくりと調査し、少しずつターゲットの心に近づいていく、プロの手法です。

実際に遠距離相手に別れさせ屋を依頼した体験談

以下は、実際に遠距離相手に別れさせ屋を依頼した方の体験談です。

同じ会社に勤務している同僚に片思いしていましたが、彼には地元に学生時代から付き合っている彼女がいるとのことでした。話を聞いていると長年付き合っているからかラブラブという感じはあまりしなかったのですが「これだけ付き合ってるから結婚するのかなー」と言っていました。この恋は諦めようかとも思いましたが、どうしても彼のことが好きだったため、思い切って別れさせ屋に依頼することにしました。

私は都内に住んでいて、彼の彼女は九州に住んでおり、名前、年齢、住んでいる市、インスタのアカウントくらいしか情報がありませんでした。しかしインスタから交友関係や通っているスポーツジムなどがわりと簡単に特定できたようで、想像していたよりもずっとスムーズに調査が進みました。

インスタの情報から彼女が好きな芸能人、好きな男性のタイプが大体分かっていたので、それに近い工作員の方が実際に九州まで出向き彼女と同じスポーツジムに入会してくださいました。本当にここまでするのかと、覚悟はしていましたがハラハラドキドキしました。いけないことをしているんじゃないかと罪悪感に潰されそうになったこともありましたが、別れさせ屋の方が「これでだめになるようだったらいつかはだめになるカップルだったと思います。本当に別れないカップルは何があっても別れないですから」と言ってくださったので、気が楽になりました。

工作員の男性は背が180センチほどの高身長で、顔はとある歌手の方に似ていてイケメン、筋肉もあり、私から見ても本当に魅力的な方でした。IT系で起業した社長という設定でお金を持っていそうな雰囲気もありましたし、あんなに素敵な方と知り合えたらどんな女性でも簡単に好きになってしまうと思います。

案の定彼女もすぐに工作員の方のことが気になったようで、ジム帰りにご飯に行ったり、休日に二人で会ったりしているようでした。工作員の方の顔は載せていませんでしたが、カフェの写真や浮かれた文章が載った投稿がインスタに増えてきました。彼女のインスタが鍵アカウントになったころ、彼との関係もギクシャクし始めたようで、ちょうどその時期からいわゆる二股関係になったようです。

遠距離ですが状況を逐一報告してくださったので、不安もなく安心してお願いすることができました。結局半年ほどで彼と彼女は破局したようです。
私はこれまで以上に自分磨きを頑張り、彼にふさわしい女性になって告白したいと思います。

まとめ

別れさせたい相手が遠距離に住んでいると相手の情報も手に入れづらいですし、どうしてもできることが限られてしまいますよね。別れさせ屋はプロですので、相手が遠距離でも調査をしてどんな情報でも手に入れることが可能です。

相手と別れて自分と幸せになってほしいと思うことは、決して悪いことではありません。時には遠回りをする必要があるのが愛です。

別れさせ屋に依頼して幸せになったカップルは大勢います。悩んで毎日を過ごすよりも、依頼して幸せな未来に近づいてみませんか?