別れさせ屋で復縁したカップルのその後

別れさせ屋の仕事は別れさせることだけではありません。依頼があれば復縁のお手伝いもしてくれます。「復縁屋」と呼ばれる会社もありますが、基本的には別れさせ屋に依頼することができます。単純に復縁したいという依頼者の他にも、「相手にはもうすでに新しい恋人や配偶者がいるので、別れさせてから復縁したい」という依頼者も多いです。別れさせ屋はどうやって復縁させるのか?そしてそういうカップルはその後どうしているのか?気になる疑問にお答えします。

別れさせ屋でどうやって復縁するの?

「別れさせ屋」「復縁屋」という言葉は聞いたことがあっても、どうやって別れさせるか、復縁させるかは知らないという方は多いのではないでしょうか。どちらにも共通していることは、時間をかけてターゲットに近づき親しくなるということ。それを行うスタッフを工作員と呼びますが、工作員はターゲットの同性、異性どちらの場合もあり得ます。同性の工作員が近づき、気の合う友人関係になったところで別れや復縁をアドバイスすることもありますし、魅力的な異性の工作員が近づき、恋愛感情を持たせてターゲットを恋人、または配偶者と別れるように仕向けるということもあります。

手法として多いのは、同性の工作員が時間をかけて親しくなり、依頼者である元恋人、元配偶者の話を聞き出し復縁の方向に持っていくやり方です。ポイントは時間をかけて親しくなるということ。なんと数年かけて親しくなることもあります。すっかり心を開いた対象者は、親友のアドバイスに素直に耳を傾けるのです。

別れさせて復縁するということは、当事者からすると非常に難しいことですが、冷静な第三者が加わると思っていたよりもスムーズにいく場合もあるのです。

元恋人との復縁に成功した女性

別れさせ屋によって見事復縁することができた依頼者の体験談をご紹介します。まずは、別れた恋人と復縁することができた20代女性です。相手にはすでに新しい彼女ができていたので、まず別れさせてからという流れでした。

約2年付き合った彼氏から「職場で気になる人ができた」とフラれたのが、別れさせ屋に依頼をする半年ほど前でした。結婚も考えていたほど大好きな彼氏だったのでとてもショックで、食事もとれないほど落ち込んでしまいました。「もう死んでしまいたいな」と思うことも多く、このまま生きていても何も希望がないならと、思い切って別れさせ屋に依頼をしてみることにしました。彼はもうすでに職場の人と付き合っていたので、まずはそちらを別れさせることに。彼の新しい彼女に男性工作員を近づけ恋愛関係になるという流れでした。

職場は飲食店だったので、お客さんとして来店し回数を重ねて仲良くなったようです。背が高くかっこいい工作員の方でしたので、新しい彼女もすぐに好意的な態度だったようです。すっかり恋愛関係になったところで、新しい彼女と工作員二人で歩いているところを彼と鉢合わせするようにし、破局させることができました。

私はその間に、彼が最近始めたというボルダリングに通い、再会した時に共通の趣味があり、より魅力的に見えるよう努力しました。彼が破局したところで同じボルダリングジムに入会し、偶然の再会を演出。傷心の彼の話を親切に聞き、スムーズに自然な流れで復縁することができました。

自分の力だけでは破局させることは絶対にできなかったはずですし、彼がボルダリングを始めたことや、通っているジムも知らないままでしたので復縁も難しかったと思います。その後はボルダリングという共通の趣味を楽しみ、良いお付き合いができています。このまま無事に彼とゴールインできるようにがんばります。

離婚した元妻と復縁した男性

次は、離婚した奥様と復縁した30代男性です。奥様には新しいパートナーはいませんでしたので、復縁のみの工作となりました。

妻と離婚したのは私の浮気が原因です。相手はスナックの女性で、私は完全に遊びのつもりで長く続ける気はなかったのですが、妻はどうしても許せなかったようで、離婚することになりました。4歳の娘がおり、月に一度は面会の日を設けてくれているのですが、娘を迎えに行く時に顔を合わせても会話はなく、面会日以外は連絡も取らない状況です。

自分が悪いのは重々承知していますが、まさか離婚するなんて、と信じられない気持ちでした。もちろん妻のことも娘のことも心から愛していますので、復縁を願う毎日でした。もう絶対に浮気はしないと妻には何度も伝えましたが、相当怒っていたのか、許してもらうことはできませんでした。

インターネットで元妻と復縁した方々の体験談を読んでいた時、別れさせ屋に依頼したという書き込みを見つけました。別れさせ屋は別れさせることだけが仕事だと思っていたので、復縁もできると知り藁にもすがる思いでお願いしました。

妻は趣味でホットヨガに通っており、工作員の方が同じホットヨガスタジオに通い妻と仲良くなっていきました。レッスン終わりにお茶をする関係になったところで、私との話をいろいろ聞き出しアドバイスをしてくれたようです。工作員の方自身もシングルマザー(という設定)だけれども、女一人で子どもを育てていくのはとても大変だということ、妻はその時実家に身を寄せていたのですが、いつかは実家を出て自立しないといけないとうこと、何かあった時に家庭に男の人がいないのは心細いということなどを少しずつ何回かに分けて話してくださいました。妻に一番効いたのは「男性はどうしても一度や二度過ちを犯す。悔しいけど、怒り続けるのはとてもエネルギーがいるので許してしまう方が楽。許してしまえばこちらの立場の方が上になるのでその後の結婚生活が楽よ。私も夫の浮気が原因で離婚したけど、許せば良かったと後悔している」という話だったようです。

その頃から面会日に妻と雑談するようになり、娘の写真をLINEで送ってくれることも増えてきました。面会日、妻のお迎えを待っている間に娘が私の部屋で寝てしまったことがあったのですが、その時久しぶりに二人でゆっくり話をするチャンスがありました。改めて心からの謝罪をし、もう二度と裏切るようなことはしないこと、妻の望むことは何でもしてあげたいこと、また三人で仲良く暮らしたいことを伝えました。妻は涙を流し、「今すぐに籍を入れることはできないけど、また一緒に暮らそう」と言ってくれました。

その後三人で暮らし始め、4ヶ月後の結婚記念日にまた籍を入れる予定です。念願の一戸建ても買う予定で、妻の希望を全て取り入れた家にしようと思っています。そして、もう一人くらい家族も増えると良いねと話しています。今、本当に幸せです。

まとめ

多くの人が一度は「大好きだけど別れてしまったけど復縁したい」と考えたことはあるはずです。どうしようもないということもありますが、少しでも可能性があるのならそれに賭けてみたいと思うのが本当の愛なのかもしれません。

別れさせ屋に依頼して復縁した方々のほとんどはその後も幸せに暮らしているようです。どうしても復縁したい人がいるという方は、別れさせ屋の手を借りるという方法もおすすめです。