別れさせ屋で浮気相手と別れたら本当にその後は問題ないの?

別れさせ屋とは、浮気相手や心が通わなくなった相手、また問題があって離別を考えている相手と、問題なく離別させる専門の業種のことです。こうした別れさせ屋を利用し、問題なく別れたというカップルも多く、利用者は今後も増え続けること必至の業種でもあるのです。でも、そんな業種に依頼して離別できたとして、その後はどうなっているのでしょう。浮気相手から悪質な嫌がらせを受けるなんてことはないのでしょうか?離別のその後について調査してみました。

 

浮気相手と別れるためには

浮気相手というのは、付き合っているときは燃え上がるものの、いざ別れようとなると、なにかともめやすい関係にあるものです。背徳の恋は燃え上がりやすいと言われていますが、道徳的ではない恋というのは、男性も女性も一度経験してしまうと、なかなか抜け出しづらいもののようです。とはいえ、浮気という言葉が付くように、その関係は本命になりづらいものでもあります。例えば、不倫関係にある男女で、男性が「奥さんとは別れる」なんて口約束で浮気相手と交際している場合、ゆくゆくは本命になる可能性もあるでしょう。でも、出会いからみても本命が別に存在している以上、その関係は浮気といって間違いないでしょう。

こうした浮気相手と別れるのは大変困難な作業である場合が多いものです。男女ともに恋の炎が燃え尽きて、相手に対して恋愛の情が希薄になっているという場合でしたら、困難になる可能性は少ないものです。しかし、多くの場合、浮気相手との仲を終わらせるのにはひどく苦労が付きまとうものです。それもそのはず、浮気相手はまだ相手に対する思いが残っている状態です。そんななか、一方的に別れを切り出されれば、それは簡単に受け入れがたいものです。例え、数日また数か月前から別れを切り出していたとしても、心が残った状態にある相手に他方が一方的に別れを切り出せば、例え浮気相手出なくても、受け入れがたいと感じることでしょう。

浮気相手の場合、さらに別れを困難にしているのが、その関係性にあります。例えば、恋人や奥さんがいる男性が、別の浮気相手と交際していたけれど、奥さんにバレそうになって別れを切り出すという場合、浮気相手は日陰の存在にありました。そして、彼の一方的な環境に振り回されて別れを切り出されることになるわけです。憤慨し、これまでの関係性を逆手にとって強い態度に出るという場合も考えられます。そうなってしまっては、別れを切り出した男性にしてみれば、大変な状況に陥ってしまいます。

浮気相手と別れるためには、別れを切り出したその後のことを見据え、また相手のその後の対応を考慮して、言動に配慮した対応をしなければならないという、かなりデリケートな作業が伴うものなのです。それを素人が行うのは、難しいもの。そんなときに利用するとよいのがプロの別れさせ屋というわけなのです。

 

別れさせ屋を使うとトラブルがない

では、実際別れさせ屋を使うと、どのような別れ方ができるのでしょう。別れさせ屋は、特殊工作といって工作員を使用して男女の仲を別れさせる手段を用いる場合と、弁護士や有識者などによる専門的なアドバイスによって、当事者によって解決に導くという手段を用いる場合など、様々な手法を使用して、男女を別れさせています。ですから、ドラマなどのように何でもかんでも工作員を使っているというわけではありません。例えば、別れさせ屋の工作員を使うことで、さらに関係が悪化するような場合もあるのです。ですから、そのケースケースに柔軟に対応しているということなのです。

さらに、別れさせ屋を使って別れることで、いくつかの良い効果も生じやすいのです。浮気相手というのは、公認の中という状態にはない場合が多いものです。他人に知られることはどちらによっても好ましくない関係性にあります。こうした秘密を持ち合う二人というのは、ご紹介したように恋の炎は燃え上がりやすいものの、反面、その後には炎が消しづらいという欠点もあります。更に消したはずの炎が心でくすぶっていて、時間が経過した後、急に再燃してしまい、恋愛の情が転じて憎悪の炎に変わり、ストーキングなどの犯罪行為にまで至ってしまうという事例もあるほどです。

ですから秘密の二人の仲は、二人だけで消すことが出来ないものと割り切るべきなのです。何年後かに、そのネタでゆすられる恐れも避けたいところです。と、なりますと、こうした問題が生じづらく、かつ別れさせることの専門家が介在することによって、男女それぞれが冷静に別れに対して向き合うことが出来る立場にあるのは、別れさせ屋や弁護士などの第3者です。また、別れさせ屋の介入によって、相手の心の準備もしやすくなるという効果も期待できます。こうした点を踏まえれば、別れさせ屋を活用することで、遺恨なく別れるという結果を得やすくなるともいえるのです。

 

別れた後も引きずらない

では、実際に別れさせ屋を利用して別れた男女はどうなったのか、というところについて調べてみました。別れさせ屋を利用したということでブログを作っているような人は今のところ確認できません。それもそのはず、なかなか他人に言いづらいデリケートな話題です。そこで、実際の別れさせ屋のホームページや、過去に別れさせ屋の介在によって別れを経験したという芸能人の体験談などをまとめてみました。

まず某女性グラビアアイドルが、事務所に反対された彼氏との別れ方に悩み、別れさせ屋を利用したというケースです。こちらは、特殊工作員を活用しての手法を用いたということです。男性はそもそも、女性グラビアアイドルに大変一途で、下手な別れ方をしたならば、即ストーキングされかねないタイプであったということです。また別れさせ屋からは、男性の性格や出会いから現在までの関係性など細部に分かって調査を受けたということです。この女性が利用した別れさせ屋は、どのような手法を用いるのか、当事者に秘密にしていたため、女性グラビアアイドルのほうは具体的な手法については把握していないということでした。

しかし、その後3か月ほどして男性のほうから「別れてほしい」と打ち明けられ、円満に解決することができたということです。女性グラビアアイドルは、その後男性から連絡が来ることもなく、またストーキングされるといった心配もなく、今も芸能活動を続けていられると説明していました。

また一般の男性のケースです。この男性は、本命女性との結婚を考え、幼馴染であった浮気相手との別れを決意したそうです。しかし、幼馴染という関係から、今後も何らかの嫌がらせをうけるおそれを感じ、別れさせ屋を活用して別れることにしたということです。このケースでは特殊工作という方法よりも、話し合いという方法での解決を図ったということです。弁護士など法律の専門家などからもアドバイスを受け、二人きりで話し合うことはせず、かならず第三者を介在させて別れへの話し合いをすすめたということです。

浮気相手の女性は、当初難色を示していたそうですが、別れさせ屋から事前にアドバイスを受けたように誠意ある態度で接し、話し合いを進め、その後結果的には円満に解決する運びとなったそうです。また、その後この幼馴染であった浮気相手の女性も別の男性と結婚し、当初危惧していた心配も解決することとなったということです。

別れさせ屋による工作や、アドバイスによって円満に解決できたというケースは非常に多いということです。

まとめ

別れは誰にとっても嬉しいものではありません。ましてや、浮気相手となるとより、その情は複雑に交錯してしまう可能性もあるものです。自分で解決できづらい問題だからこそ、専門も知識を持つ別れさせ屋を活用するということが大切なのです。それは、関係性はもちろん、その後の相手の心への配慮という面においてもいえることのようです。