別れさせ屋という手段で離別したら復縁は可能か?

別れさせ屋を活用して二人の仲を引き裂く、そんな場合には、その背景に様々な理由が存在することでしょう。例えば、ご主人に不貞な関係にある女性がいると知った場合、また愛息が問題のある女性と交際している場合、さらには元カレと復縁したいと思っている場合など。そんなとき別れさせ屋という手段を取る人も多いものです。問題は、こうした手段を用いて別れさせたのに、復縁してしまう恐れがあるのかというところです。そんな可能性があるのか、調査してみました。

別れさせ屋ってどんな手段を使うのか

別れさせ屋とは、公安員会から探偵業の許可を得ている民間の恋愛関連業者です。探偵業の許可は、行政庁の許可を得るものですから、いわゆる闇の企業とは違います。真っ当な職業というわけです。そもそも「別れさせ屋ってなに?」ですとか、「ちょっと危ない業種では?」と誤解している方も多いのですが、正規の手続きを取っている業種なのです。

別れさせ屋は、様々な理由から別れを選択したいけれど、上手に相手と別れられないといった方が利用する場合の多いものです。例えば、元カレと復縁したいと願っている女性がいるとしましょう。元カレには今、新しい彼女がいる。しかし、どうもその新しい彼女との仲が雲行きが怪しい状況にある。

復縁したいと願っている女性にしてみれば、恋しい彼氏です。雲行きの怪しい女性よりも、自分のほうが彼のためになるという環境にある場合、今の彼女との離別を願うでしょう。とはいっても、願掛けで二人の仲が確実に離別するというのはかなり低い確率です。そんなとき、別れさせ屋を利用するという手段があるのです。雲行きの怪しくなった相手と、いつまでも煮え切らない環境にあるよりも、すっきりと別れてしまう方が、確かに精神衛生的にも健康です。

こうした別れさせ屋は、依頼によって様々な手段を用いて離別の選択に促します。もちろん、最終的には当事者の意見によって離別に至るのですが、その離別を選択するに至る環境を提示するといういのが別れさせ屋の手段なのです。かつては恋仲にあった二人が離別するという場合、本当に冷め切っていたとしても、実際に別れるとなると、勇気もいります。

また、心に深い傷も負うものです。そのため、冷え切っていてもなかなかその傷を思うと、誰しも別れを切り出しづらくなってしまうものです。さらに、当事者同士で別れの話をすすめるとなると、話がもつれて、長期化することもあります。その長期化によって、相手の醜い感情を見せつけられ、より傷が深くなってしまう可能性もあります。

別れさせ屋は、こうした人間の優しい部分に着目し、傷ができるだけ深くならないうち、そして別れ話がこじれてしまわないうちに手段を講じるのです。

その後の二人はどうなる?

当事者同士で離別という手段を選んだ場合、ときに二人が何らかのタイミングで出会ってしまうと、復縁してしまうという可能性もあります。

例えば、不倫関係にある男女が、その関係を男の家族に知られてしまったというケースの場合、家族を思い男性は不倫関係にある女性との離別を決断します。女性のほうも、不貞関係にあるとはいえ、愛する男性がつらい環境になることを避け、男性の依頼によってその関係を離別させるということも多いでしょう。

二人は、こうして離別し、別々の道を歩くことになります。しかし、それからしばらく時がたち、例えば男性が単身赴任などにある環境で、かつての不貞関係にある女性と出会ったとしましょう。おそらくこの二人は確実に復縁することは、多くの方が推測できますね。心を残したまま、環境を理由に不貞であったとしても恋仲にある二人が引き裂かれたのです。

それも、ただ「男性の環境への配慮」という理由だけです。ちょっとでも環境が変われば、その恋の炎は確実に再燃することでしょう。背徳の恋は燃え上がりやすいと言われていますが、燃え上がりやすい分だけ厄介なもので、しっかり根底から消火しなければ、再燃する可能性は非常に高いものです。引き裂かれるほどの環境にある恋を離別させるには、やはりしっかりとした手段を講じる必要性があるということです。

この点においても、別れさせ屋の利用は大変効果的といえます。復縁の可能性を見越したうえで、対象者をしっかりと調査し、どうすることが最善の策か吟味するのが別れさせ屋です。相談者から報酬を得て仕事をするのですから、こうしたことを見据えるのも当たり前と言えばそのとおりでしょう。ご紹介しているように、恋仲の離別にはその後の復縁の可能性があります。狭い環境で生活していれば、再び出会うことなど、当たり前のようにあるものです。そんなときでも恋の炎が再燃すること無いようアフターケアも可能なのが別れさせ屋というわけです。

復縁は可能?

では、元カレと復縁したいと願っていた女性ですが、別れさせ屋に依頼し、今の彼女との仲を別れさせたとして、その後の復縁は可能なのかというところも気になるでしょう。多くの方が「そこから先は当事者同士だし、無理なのでは?」と思うことでしょう。しかし、探偵業の許可を公安委員会からなされる別れさせ屋です。こうしたことに対するケアもしっかりしているのです。

別れさせ屋は、相談者が結果的にどうしたいのか、しっかりと聞き取りします。もちろん、なかには無理難題と思われる案件もありますから、全てが可能と言えるものではありません。ただ相談者の多くが「ただ当事者を別れさせてほしい」というよりも、その先があるから、その当時者を別れさせたいという意向をもっているものです。例えば元カレと復縁したいから、今交際している女性と別れさせてほしいとか、息子にふさわしい相手とお見合いさせたいから、今付き合っている女性と別れさせてほしい、また妻である自分のほうを向いてほしいから、浮気相手の女性と別れさせてほしいなど、別れさせてほしいというためにはその理由が存在しているものなのです。別れさせ屋はこうした理由を調査します。そしてその理由に沿うよう手段を講じるのです。

例えば復縁を望む女性であれば、最初の段階で別れた理由とは何なのかを確認します。もし、謝罪が必要なら相手の心に届く謝罪方法を教示してくれます。また魅力的な女性になるための手段もアドバイスしてくれます。この教示やアドバイスも、その相手にふさわしい人を選んで行うなど、ケアにも抜かりはないのです。こうしたことによって、復縁を望む女性はより魅力的に、そして復縁が可能な女性へと成長します。今までの女性とは少し違うわけです。成長した女性は魅力的です。そんなことからも復縁の可能性はより高まるというわけなのです。

まとめ

復縁を望む女性にとって、別れさせ屋は大変効果的な手段と言えます。自分だけの力では難しいことも、別れさせ屋のプロの手段によって、難しさも軽減してくるのです。また当事者にとっても傷が深くなる可能性や、泥沼化に発展する可能性が軽減されます。こうした点を踏まえると、プロの手を経て別れるという手段を選ぶことは、より最善の策ともいえるでしょう。