別れさせ屋の仕事内容と必要となる資格

別れさせ屋には、別れさせる対象を調査する人と別れさせるための工作を行う工作員がいます。この他に、事務や相談員などの仕事があります。

仕事内容は、調査員と工作員、事務や相談員でそれぞれ異なります。仕事内容が異なるということは、仕事をする上で求められる能力や資格も異なるということになります。

別れさせ屋に就職したいと考えている人は、それぞれの仕事内容を確認しておきましょう。

調査員の仕事内容

別れさせ屋は、異性を送り込んで好意を持たせてパートナーと別れるようにしたり、同性を送り込んで仲良くなり浮気で不幸になった話をして浮気をする気持ちをなくさせたりします。なので、別れさせる依頼を受けると、別れさせるために、対象となった人についての情報収集を行います。

情報収集は調査員が行います。対象となった人と仲良くなるには、相手の趣味や好み、性格を知っておく必要があります。別れさせ工作を行う際には、対象となった人と自然に出会えるように、対象の行動を把握しておかなければなりません。そのために、尾行や張り込みを行います。

尾行や張り込みの際には、車を使用する場合があるので、調査員は自動車免許の資格が必要になります。調査員は、収集した情報を正確に報告する能力や尾行や張り込みを行うための体力が求められます。

工作員の仕事内容

別れさせ屋の工作員は、対象になった人と仲良くなる必要があるので、コミュニケーション能力が求められます。対象に自分に好意を持たせて別れさせたり、対象と仲良くなって浮気をしたせいで起こった悲劇などを話して浮気する気持ちをなくさせたりします。

対象となる人と仲良くなるために、その人の趣味に関係することについて知っておく必要があります。対象者に違和感を与えないように、自然なかたちで出会い、仲良くなって、対象の気持ちを変化させていくことになります。人と急に仲良くなることはできないので、時間をかけて何度も対象に会うことになりますが、別れさせようとしているとばれないように、工作員は演技力が求められます。そのため劇団員のように演技経験がある人や、芸能活動の経験がある人は優遇されます。

事務員の仕事内容

別れさせ屋の事務員は、電話の取次ぎの他に対象に関する資料や依頼者に報告するための書類を作成します。その際には、PCを使用することになるので、PCスキルが求められます。また個人情報に関わる仕事なので、事務員にも守秘義務を守れる高いセキュリティ意識が求められます。

調査員、工作員、事務員の他にも依頼者からの話を聞く相談員という仕事をする人もいます。相談員は、依頼に来た人が何を求めているのかをヒアリングをして、適切な別れさせ工作やその場合にかかる費用についての提示を行います。依頼者の話を聞いて、おおよその別れさせ工作と費用を提示するので、調査員や工作員としての経験が求められる仕事になります。

まとめ

別れさせ屋で必要となる特別な資格はありませんが、調査員や工作員ごとに仕事内容が異なり、求められる能力も異なります。別れさせ屋では、何かの資格よりも、経験を求められ、経験がある人の方が優遇されます。なので、調査員の場合には研修期間を設けていたり、工作員の場合には試験を行っていたりする別れさせ屋もあるようです。

別れさせ屋の求人に必須の条件はないようですが、会社によっては、大学を卒業している人に限ったり、年齢制限が設けられたりする場合があるので、応募する際には確認しておきましょう。