別れさせ屋が夫婦を離婚させる工作期間は3か月

ライフスタイルや価値観も多様化してきたことや女性の社会進出が増えたことなどから、離婚を経験する夫婦が激増の傾向にあるとも言われる現在の世の中。若年離婚・熟年離婚・スピード離婚・裁判離婚など、離婚にもさまざまな種類が存在するようになりました。円満な離婚のためや自分に有利な離婚のために別れさせ屋を利用して離婚工作をお願いする場合もあるかと思いますが、その際に気をつけておきたいこととしてはどのようなものがあるのか、工作に必要とされる期間はどのくらいになるのかなどの疑問についてご案内していきたいと思います。

まず見極めたい夫婦の問題

現在、日本の離婚率はおよそ30%にも登ってきていると言われており、ここ数年の統計では、3組に1つの割合で離婚をするカップルがいると言われています。離婚を経験する年代としては、やはり20代後半から30代後半が多くなっていますが、熟年離婚などという言葉が知られているように、40代・50代を過ぎての離婚を経験するケースも少なくはありません。離婚がめずらしいものではなくなった背景には、雇用の均等化により女性の社会進出の機会が増えたことのほか、結婚や育児に対する価値観の多様化、国際化やIT化が進むことによるライフスタイルの変化などがあげられることが多くなってきました。

別れさせ屋の離婚工作サービスを利用して、自分が離婚をすること、カップルを離婚させることを検討する前にぜひ考えていただきたいのは、まずご自分の夫婦間の問題や離婚させたいカップルの関係がどのようなものであるのかということです。例えば、パートナーである夫や妻の激しい浪費や生活費を稼いでくれないなどという金銭的な理由が問題となって、離婚をしたいという場合やパートナーの暴力が理由で離婚をしたいという場合。

このような場合は、離婚をすることで経済的な悩みや身体的な苦痛からも解放されることができますし、自分に平穏な日々が戻ってくるわけですから、自分にとってのしあわせな離婚となる可能性は非常に高いと言えます。しかし、自分の異性関係が理由で離婚をしたいというような場合や感情的な判断のみで離婚を決断するような場合は、しあわせな離婚とならない可能性もゼロではありません。

そのため、まず見極めていただきたいのは、ご自分とパートナーの関係がどのようなものであるのか、今抱えている問題は離婚することによって解決することができる問題なのかどうかということです。とくに、パートナーの浮気や不倫などの不貞が離婚したい第一の原因となっている場合などは、「どうしても離婚したい」という強い希望を持っていても、怒りや嫉妬などの感情が前面に出てしまい、実際に離婚とはどういうものなのかを理性的に理解できていない場合も往々にしてあります。まずは一度、自分の置かれているシチュエーションや自分の抱いている感情について考え、考えがまとまったなと感じる頃にエージェントに相談に来ていただければと思います。

工作期間中に心境の変化がある

別れさせ屋は、人を別れさせることについてはプロフェッショナルですので、一般的には、1ヶ月から3ヶ月ほどの期間でカップルを別れさせることを目安としています。しかし、実際に離婚を成立させるまでにかかる期間や費用も、その時々の状況やターゲットの性格によってケースバイケースであることもあり、難しいケースなどでは、4ヶ月から6ヶ月ほどを要してしまうこともあります。

心に留めていただきたいのは、工作期間が長くなるにつれ、心変わりや状況が変わる可能性が生まれるということです。例えば、お互いの性格が合わないことを理由に離婚工作を依頼した場合やセックスレスなどが問題で離婚工作をしている場合などは、工作期間の中で、ご自分の考え方やパートナーの自分への態度が変わったりすることで、夫婦関係が思わぬよい方向へ向かうようになることもあるかもしれません。

また、熟練した別れさせ屋による工作が進められる中で、今まで見たことのないパートナーのよい面を見る機会や新しい魅力を発見する機会に恵まれ、離婚を考えなおすようなこともあるかもしれません。よくよく2人の関係について考えてみることでもう少し素直になろうという気持ちが生まれてくる方、子供のためにもう一度夫婦関係を見直す必要があるのではないかと感じるようになる方、離婚することが本当に家族全員にとって解決策になるのかと疑問を持つようになる方なども稀にいらっしゃいます。

もし、工作途中に少しでも自分の心変わりを感じることがあったり、相手の様子で気になることがある場合は、できるだけ早い段階でエージェントに相談してみることをおすすめします。

また、パートナーの不貞などが原因で離婚工作をしている場合や不倫相手の夫婦の仲を裂きたい場合などは、大切な工作期間中に、依頼者側である方が無意識に、リスクの高い行動や言動をしてしまう可能性もあります。「このくらいはよいはず」「大丈夫なはず」という思い込みで動くことをできるだけ避け、小さな疑問点や不安なども積極的にエージェントに相談するように心がけていただければと思います。

離婚後のこともあらかじめ考えておく

実際に離婚を望んでいる方の中には、性格の不一致などにより夫婦の仲がうまくいかず離婚を考えているという一般的なケースもあるでしょうし、ただ単に冷めきってしまった婚姻関係に終止符を打ちたいケース、離婚をしたいけれど暴力的な夫が怖くてなかなか離婚を言い出せないなどといったケースもあることでしょう。また、子供がいる場合と子供がいない場合でも離婚のしやすさや離婚に対する考え方も異なりますので、子供のために今は一緒にいるけれど、子供が成人するのを待っての円満離婚を考えているという方もいらっしゃるかもしれません。

どのような場合でも、別れさせ屋に離婚を前提とした工作をお願いする前にぜひ考えておいていただきたいのは、離婚後どうするかということ。エージェントを使い離婚をすることで、自分がしあわせになれるという確信があるのかどうか、離婚が成立した後に、自分が将来へ向けて希望を持つことができるのかどうかという点などを、一度冷静になって考えてみることも大切かもしれません。

夫婦間の問題や2人が置かれたシチュエーションによっては、離婚工作にかかる目安となる期間が1ヶ月で終わることもありますし、長い場合は半年ほどかかってしまうこともあります。長い時間を一緒に過ごしてきた相手との完全な別れで、今まで予想していなかった強い喪失感や焦燥感におそわれる可能性もあります。いざ離婚が成立した後、自分はどのように生きていきたいのか、子供がいる場合は子供の将来をどうしていくべきなのかなど、離婚後の未来について、一度ゆっくり考えてみることをおすすめします。

まとめ

別れさせ屋の巧妙な工作によってカップル間の離婚を目指す場合には、工作期間中に変わっていく状況をしっかり把握していくことも大切になりますし、時には、離婚成功に向けてじっと待つということも大切になります。とくに、自分と自分のパートナーが離婚工作のターゲットとなっている場合は、工作期間中にも毎日顔を合わせることとなる場合もありますので、精神的にストレスを抱えることとなってしまう場合もあるかもしれません。別れさせ屋との打ち合わせの際に、ありのままの気持ちを相談するようにするなど、状況の共有だけではなく、自分の心のケアをすることも大切にしていただければと思います。