妻子持ちの彼を離婚させる方法とは?

好きになった相手は、妻子持ちでした。わりとよく聞くパターンではありますが、泥沼化して終わることがほとんどです。その後の2人が幸せをつかむまで、様々な人間模様があります。相手に子どもが居ても、ダメージを最小限にして離婚させる方法はあるのでしょうか。また妻子持ちの場合、今後のために知っておいたほうが良い内容は?本気で彼や彼女と一緒になりたいと決めたら、相手に求められる存在になる必要があります。あなたの決意を聞き、離婚のきっかけを作り出す、プロの集団に委ねてみませんか。

妻子持ちを離婚させる方法は?

普通なら相手が結婚している時点であきらめてしまうところですが、たとえ妻子持ちであっても自分の気持ちに終止符が打てない以上、行動を起こすしかありません。もしあなたの気持ちの一方通行で、相手を離婚させたいと思っているなら一度冷静になってみましょう。本当に向き合ってくれるか考えてみてください。彼の気持ちが自分にあり、離婚をする覚悟がある場合は成功の確率も上がります。あなたが彼を伴わずに行動を起こせば、相手の奥さんや子どもを巻きこむのは避けられないでしょう。「きれいごと」はないのに等しいと思います。それでも、妻子持ちを離婚させる方法はあるのでしょうか。

まずはあなたが現在の奥さん以上の存在になることです。奥さんと別れさせて一緒になるのなら、「自分を改善すること」が大前提です。彼の奥さんにはない魅力があなたにあれば、その後の行動次第で距離を縮めることができるでしょう。100パーセント完璧な人がいないように、誰しも欠点をもっています。あなたが奥さんの欠点を補う存在になるのです。同時に、人は自分が持ち合わせていない「良さ」に惹かれやすい生き物です。新しい価値観や今までに体験したことがないものに惹かれるように、自分自身のマイナスをプラスに変えてくれる存在に強く惹かれることがあります。日常の仕草や言葉遣いの改善など、努力を積み重ねた先に結果が見えてくるでしょう。仕事で失敗して落ち込んでいるときや、誰かに寄り添ってもらいたいときに思い浮かぶ人は奥さんや彼女ではないでしょうか。

言葉をかけるだけでなく、気持ちに寄り添ってもらえるだけで心が満たされることがあります。気が合う友人とは違い、本当の自分の姿や弱みをさらけ出せないうちは難しいポジションではありますが、1度パーソナルスペースに入ってしまえば、心の距離も近づくことでしょう。相手の気持ちを理解するのは夫婦になっても100パーセントとは言い切れないのが本音です。「理解したい」、「受け入れたい」といった前向きな気持ちが理解することなのかもしれません。

妻子持ちで知っておかないといけない事

好きになったらどんな困難でも乗り越えられると聞きます。彼が離婚してまたはお互いに離婚して一緒になったお二人が、気持ちの上では乗り越えられても現実は甘くないと言います。妻子持ちが離婚するときは、後のことをしっかり見据えて、なるべくクリーンな状態にしておくのがベストです。妻子持ちの家庭を離婚へ導くのは、奥さんとの間に何事もない場合、新たに波風を立てることになります。妻子持ちで知っておかないといけないことは何があるでしょう。

彼に子どもが居る場合は子どもを養育する義務があります。成人しているなら子どもの判断になりますが、未成年では大抵が親権や養育費の話し合いになります。一方的に彼だけが背負うのではなくて、一緒になろうとしているあなたも考える必要があります。子どもが居る事実を受け入れることができますか?子どもが居る事実を受け入れるのと同時に、お金の問題が発生します。離婚後に子どもが居るので養育費を渡しているという話を聞いたことがあると思います。

家を購入している場合では、家をそのまま奥さんと子どもに渡す話も聞きます。養育費に限らず家を購入しているときなどは、今後のために夫婦間でどうするのかをしっかり話しておかなければならないことです。精神的なダメージを負う子どものことを考えると、経済的に、精神的な部分で少しでも安心できる生活環境を残すことがお互いの将来につながります。相手が妻子持ちになると、ハードルは多少高め。子どもが小さい場合は、親権問題とお金のことが複雑に絡んできます。

親権を父親側が取るときは、あなた自身か、親兄弟などが子どもを見てくれる環境が大事です。彼が妻子持ちであろうと、養育費などの金銭問題が今後発生することになっても、最後に決断するのはあなた次第です。離婚後に彼と一緒になって幸せをつかんでいる人も存在します。それは、どんな条件であっても一緒に乗り越えていくと覚悟を決めた二人だから、うまくいっているのだと思います。

別れさせ屋に相談!

いろんな出会いがあれば、その数だけ別れがあると言います。同じ別れでも、お互いが前向きになれる離婚も確かに存在しています。自力でそこまでたどり着けるのが一番良いのですが、別れさせ屋の「別れのプロ」に相談、依頼する方法があります。実際に身近な人が離婚した話を聞きましたが、子どもが2人居て大変だろうなと思い声をかけたら、思った以上に明るく吹っ切れていて彼女の笑顔に安心しました。気持ちが前向きになる別れもあるのだとそのときに知りました。

別れさせるプロは、別れるきっかけを作るのに長けています。別れたい、離婚したいと言うように仕向ける理由付けと心理作戦です。妻子持ちの場合も状況に合わせて離婚へ導きます。「別れ工作」と言いますが、作業内容としては地道な心理誘導が主な中身です。妻子持ちの場合、とくに奥さん側に何も問題がないとき、子どもが居ることで難航します。小さい子どもになるほど、子育ての環境や金銭面の問題で心理誘導は難しくなります。

お金の問題がなくても不倫がバレている場合は離婚を認めることで、自分が不倫相手に負けてしまったのを認めることになりますから、男女関係なく頑なになる可能性が高まります。その頑なな気持ちを解いていくのが、工作員の腕の見せどころです。価値観のズレ、子育てへのこだわりに違和感があり、溜まってしまったものを彼は外の彼女に吐き出していたのでしょう。奥さんも薄々状況を理解していたようで、第三者である工作員が近づき、背中を押す形で妻子があっても問題なく別れた事例があります。

別れの条件が揃えば問題なく離婚となりますが、依頼者のすべての条件が叶うのは厳しいことが多いのも事実です。依頼者であるあなたが相談をすることで一方的な見方をしていないか、別れさせ屋のプロが気付かせてくれます。不倫を続けているなら相手にバレて身動きが取れなくなる前に、別れさせ屋に一度相談をしてみてください。

まとめ

妻子持ちの彼を離婚へ導く方法として、あなたが奥さん以上の存在になることです。奥さんの欠点を補うために、あなた自身を改善する必要があるかもしれません。普段の何気ない仕草や言葉遣いなど、自分にないものをもっている人に惹かれやすいのが人の性です。自分のマイナス部分をプラスにしてくれる唯一の人を目指しましょう。落ち込んでいるときや、誰かに寄り添ってもらいたいとき、思い浮かべる存在が「あなた」ならベストです。

相手のパーソナルスペースに入るのは難しいのですが、1度入ることで相手にとって欠かせない存在になれれば、その後もうまくいく確率が高くなります。離婚させる前に知っておかないといけないのは、相手に子どもが居るという事実です。小さい子どもが居れば、別れの決断にはなかなかたどり着きません。相手に子どもが居るということは、未成年の場合、養育する義務を負います。子どもが居る事実を受け入れても一緒になりたい気持ちが変わらないか問うときが来るでしょう。

妻子持ちの多くは、離婚後に養育費を支払うことになるケースが多いです。また、家を購入しているときは、家の支払いをどうするのかをしっかり話し合っておくことが大切です。波風を立てずに別れる状況を作り出すには、かなりの時間とエネルギーが必要です。それを請け負うのがプロの別れさせ屋です。別れさせ屋のプロは、あなたの辛い現状を聞き、相談に乗ります。依頼者が幸せをつかめるよう、あらゆる方法で導きます。別れさせた後、彼や彼女とうまくいくかどうかは依頼したあなたの気持ち次第です。